0120-047-052 資料請求
資料請求 Free Call

能開の小学英語 能開の小学英語

2018年度ゼミ
  いよいよ開講!

資料請求・お問い合わせ 今なら参加者全員に「英語読本」プレゼント!
0120-047-052 発信する

英語4技能聞く・読む・話す・書く
バランスよく身につく!
能開センターの授業

子どもたちの積極的な発話を引き出し、英語が飛び交う「ライブ授業」と英語の絵本と音源を活用した多読多聴トレーニングによる「自立学習」で、英語4技能を楽しく、バランスよく身につけることができます。

ライブ授業
ライブ授業

英語のまま
理解し、
英語で話す
[文法・語彙指導]

聞く 読む 話す
1.単語練習

イメージ(絵・写真)と英語(音・文字)を日本語を介さずにダイレクトに覚えます。

2.文法解説

覚えた単語を、センテンス(文)で使えるようになるために、文法を学びます。
文法はコミュニケーションを支える大切な「ルール」。ルールを学ぶことで、正確な意思疎通が図れるだけでなく、読書の際のイメージもより鮮明になります。

聞く 読む 話す
3.発話練習

写真を見て、日本語を介さずに、英語で描写(発話)します。こうしたアウトプットにより、英語で考える力が養われ、記憶にも残ります。また、「写真描写」は英検スピーキング問題の出題形式です。

読む 書く
4.ワークシート

発話練習の後は、ワークシートを使って「書く」練習をします。まずは「なぞり書き」「写し書き」、次にインプットした音を思い出しながら「並べ替え」をして、文法で最も大事な「語順」の理解を確認します。このように無理なく「書く力」をステップアップしていきます。

教材にもこだわり、たのしく学習!

写真やイラストが豊富でストーリー性のあるオックスフォード大学出版局の実績のある教材を使用します。


単語を覚え、文法を学ぶことが
英語4技能を伸ばす「土台」になります。
しっかりとした土台があるからこそ、
どこまでも高く英語4技能を伸ばすことができます。
open close
↓ ↑
自立学習
自立学習

英語絵本で
楽しく学ぶ
[多読多聴トレーニング]

英語が公用語ではない日本で英語を習得するには大量のインプットが必須です。
そのために最適なのが、英語の絵本です。
無理に詰め込むのではなく、イラストとストーリーで楽しく学べます。
さらに、全てネイティブ音源付なので、リスニングと、英語らしい発音・アクセント・イントネーションが身につきます。

イギリスの国語教科書Oxford Reading Tree を
はじめ、やさしく、楽しい、音源付きの本を多数用意しています。
~トレーニングの様子を見てみよう!~
6ステップの繰り返しトレーニング

アイコンをクリックすると、その動画が再生されます。  動画を通して見る


子どもたちは英語絵本のユーモアあふれるストーリーや、
魅力的なキャラクターに想像力や知的好奇心を刺激され、
自発的に英語を学ぶ姿勢が身につきます。
open close

2018年度ゼミ
  いよいよ開講!

資料請求・お問い合わせ 今なら参加者全員に「英語読本」プレゼント!
0120-047-052 発信する

今からはじめる小学英語
よくあるご質問

英会話の力はつきますか?

英会話で最も大事なことは、まず相手の言うことを理解することです。これには多読多聴での大量インプットが効果的です。また、シャドーイングで発音・アクセント・イントネーションが身につきます。さらに、英語絵本の音読で描写する力がつきます。

スピーキングの方が大切ではないのですか?

語彙を例に説明します。語彙は、読んだり聞いたりしてわかる「受容語彙」と、書いたり話したりすることに使える「運用語彙」に分かれます。感覚的には3:1の比率です。つまり、1000語レベルの会話をするには、3000語の受容語彙が必要です。多読で、豊富な受容語彙を築くことが、スピーキングにも役立ちます。

英検には対応していますか?

対策講座ではありませんが、バランスよく英語力をつけ、結果として英検対策になります。1年後には5級、2年後には4級合格を想定したレベル設定です。受検の際には、無料アプリ「ワオっちリスニングマスター5級・4級」および、過去問題に取り組みましょう。「多読」はやればやるほど伸びる学習法ですので、3級も目指せます。

英検対策は「ワオっち!」で万全
英検 5級・4級 リスニング

英検リスニング対策アプリ
(iOS/Android)無料
英検リスニングマスター
5級・4級・3級

※3級は2018年春リリース予定
▼アプリのダウンロードはこちら▼ App Store(iOS用) Google Play(Android用)

▼アプリのダウンロードはこちら▼

文法や語彙指導も含まれますか?

はい、しっかり指導します。文法・語彙は4技能を支える重要な要素です。学習塾としてのノウハウを活かした文法・語彙指導、多読多聴との相乗効果をはかり、「理論」と「実践」のバランスのとれた英語指導を行います。

どんな先生が教えるのですか?

小学生の特性を熟知し、受験にも精通した講師が指導します。能開の小学英語では世界中で親しまれている英語絵本やネイティブ音源を活用し、ご家庭とも密にコミュニケーションをとることで、お子さまが「自らすすんで学習する」習慣づくりを行います。

英語って大事なんだ...今、英語をはじめるべき理由

変わる大学入試

現在、大学ではグローバル化が急速に進んでいます。世界水準の教育・研究を行うためには海外からの優秀な教授や留学生が欠かせません。そうした理由からも、留学生たちと英語でコミュニケーションがとれる学生が求められています。

コミュニケーションに必要な英語力とは、単なる英会話ではなく、英語で文献を読み、議論し、論文を書き、プレゼンテーションできる力を指します。
具体的には、CEFRB2以上の力です。英語のできる学生を求め、多くの大学では英語4技能試験での優遇を行っています。

※CEFR(セファール)とは語学力のレベルを表す国際標準規格

代表的な英語4技能試験

大学が求めるのは
英語を学問で使える
B2以上の英語力!

変わる高校入試

大学入試の変化に応じ、高校入試も変化しています。特に、新指導要領では単語数が急増します。さらに長文、リスニング、英作文の語数が増えています。

また、「読む」「書く」「聞く」「話す」4技能化の流れを取り込む公立入試も登場し、この流れは今後加速するでしょう。

■大阪府立高校入試(C問題)
2017年度より、英数量が大幅に増え、リスニングやライティング重視の試験に変わりました。すべて英語で出題され、和訳はありません。また、民間試験の結果により、入試得点が最大で満点換算されます。

■福井県立高校入試
2018年度より、英検取得級に応じ、入試の得点に最大15点が加点されます。

必要単語数の比較

能開センターでは、
小5・6の2年間で
単語1000語の単語力をめざす!

2018年度ゼミ
  いよいよ開講!

資料請求・お問い合わせ 今なら参加者全員に「英語読本」プレゼント!
0120-047-052 発信する