• 広島県TOP
  • 能開センターとは
  • 中学生向けコース
  • 小学生向けコース
  • 入試情報
  • 教室一覧
  • 入会までの流れ

能開センター HOME>広島県TOP>入試情報>高校入試情報(東部)

高校入試の動向

ますます厳しくなる地元公立トップ高校

広島県の公立高校の入試制度は、平成24年度の入試において、地元公立高校の独自色を明確に入試制度に導入することを開始しました。特に、地元トップ高校は独自作成の問題を取り入れ、一般検査入試問題を基に、追加問題を実施することによって入学希望者に求める能力を提示しはじめました。独自作成問題の特徴は一般検査問題よりも難易度の高い問題を出題しています。大学入試を念頭に置いた、生徒の獲得に高校側が動きだし、生徒側は志望校合格に向けて独自の入試対策が必要になってきました。
また、地元トップ高校は、大学進学実績の向上とともに、人気が高まる傾向にある一方、学校間の難易度の差も明確になってきています。その結果、地域の上位高校への受験にやや慎重になる傾向がここ数年続いており、中堅に位置づけされる高校の倍率が高くなったり、隔年ごとに倍率が上下する現象が見受けられます。

広島県公立高校入試制度

一度能開センターにご相談・お問い合わせください

能開センターに関する資料請求は以下の「資料請求」ボタンより、各種イベントへのお申し込み・お問い合わせは、フリーコールまでお気軽にご連絡ください。

フリーコールでも承ります(通話料無料)フリーコール 0120-047-052

  • 資料請求

各教室のご案内

広島県

中学受験・高校受験

大学受験

能開センター高校部(能開予備校) のサイトへジャンプします。

能開センター高校部(能開予備校)

全国の能開センター

2学期生募集

バランスのとれた英語4技能を育む 能開の小学英語

プレ秋のイベント

܂ԂɍI\J̉ĊuK

業界初!WAOnanaco会員証

このアイコンのついているリンクは外部サイトへジャンプします。