TOP > 最難関中学合格に向けて「夏までの期間にすべきこと」

最難関中学受験フォーラム  ~最難関クラス指導陣が語る合格への道標~

最難関中学合格に向けて 「ゴールデンウィークから夏まで にすべきこと」

4月30日(日)私立中高進学相談会の会場にて開催!

灘・東大寺学園・大阪星光学院・洛南高等学校附属・西大和学園・四天王寺(医志・英数Ⅱ)などの最難関中学校を受験する際の国語・算数における「ゴールデンウィーク~夏まで」の期間特有の留意点や学習の指針について、能開センター最難関クラスであるαクラス指導陣が具体的にご説明します。受験学年にとって特に重要な夏休みに向けての助走を盤石なものにするために、ぜひお聞きいただきたいフォーラムです。

最難関中学受験フォーラム  ~最難関クラス指導陣が語る合格への道標~

鳥居 輝明 最難関中学受験αクラス統括責任者 鳥居 輝良

長年にわたり、最難関中学受験生の算数を指導し、灘をはじめ最難関中学に数多くの合格者を輩出。神業のような受験指導力はもちろんのこと、ストイックでいてチャレンジ精神あふれる熱くたくましい心、しなやかで確かな言葉で能開センターの子どもたちばかりか、保護者の方々、指導者たちをも魅了してやまない。

露口 和男 入試情報室責任者 最難関中学受験αクラス国語担当 露口 和男

最難関クラスの国語指導を長年担当し、灘をはじめ最難関中学に数多くの合格者を輩出。受験生への用意周到、合理的な方法論による指導には定評がある。また、時代の潮流に鋭敏で、“情報戦”をリードする入試情報室の責任者を兼務。博識で知られ、その博覧強記ぶりは書籍からIT情報、世情、クラシック音楽への造詣にまで及び、軽妙洒脱な話術で雑学トリビアを披露し、周囲の人を楽しませることも。

実施日 2017年4月30日(
対象 保護者
会場 グランフロント大阪 北館 ナレッジキャピタル地下2F コングレコンベンションセンター
時間 16:30~17:15 ※同会場で10:00~16:00には【近畿圏私立中学高等学校進学相談会】を開催。
費用 無料
備考 就学前のお子さまのご入場はご遠慮いただいております。あらかじめご了承ください。

お申し込み [4月27日(木)まで]

受付終了しました。
近畿圏私立中学高等学校進学相談会

近畿圏私立中学高等学校進学相談会 イベント出演者の紹介

2020年、変わる大学入試と今後の中学受験の展望
~入試大改革により変わる中学受験~

阪神北摂エリア責任者 相良 照文

能開センターで30年にわたり中学受験を指導。大阪中央エリア責任者を経て現任、今年度からは京滋エリア責任者も兼務し、リーダーとして能開センターを牽引している。学習面だけでなく、保護者の子どもへの接し方など生活面に関する相談経験も豊富で、校で開催するフォーラムも多岐にわたる。
生徒一人ひとりの状況をつねに意識し、保護者の方へのこまめな報告と的確な提案により、厚い信頼を得ている。

相良 照文

<能開×灘・東大寺学園特別対談企画>
中高一貫校の強みと人材育成について
~灘・東大寺のグローバル人材に必要な力の育成手法~

最難関国語担当 上野 誠一

最難関中入試国語のエキスパート。入試問題に関する豊富な知識をもとに、読解では、ストンとわかる明快な解説で、“大人”の読み取りと答え方、つまり、感覚頼りの読解に陥らせない論理的思考を身に付けさせる。表現豊かで子どもたちをあきさせない楽しい展開の授業が子どもたちの国語力を伸ばすと定評がある。

上野 誠一

<能開×高槻特別対談企画>
学びを深める探求型学習がこれからの人材を作り出す
~新しい教育環境と高大接続の取り組みについて~

高槻校責任者 早坂 祐一

教科指導では、切れ味鋭い緩急自在の授業展開で知られ、理科主任も経験した理系指導のエキスパート。校リーダーとしては堺東校責任者、上本町校副責任者の要職を歴任し、子どもたちと保護者の方々にピタリと寄り添う心と力を尽くした受験指導を行ってきた。高槻校開校にあたって初代校責任者へ指名され、地域の能開センターへの熱いご期待にしっかりと応える。

早坂 祐一

親子で体験! 算数が好きになる魔法の言葉

天王寺校責任者 佐々木 康明

灘中をはじめ最難関中学の受験指導に一貫して取り組む、能開算数科の第一人者。難波校、泉佐野校などの大規模校の責任者を歴任するとともに、《最難関α特訓》に企画段階から関わり、その直接指導とともにコーディネーター役も務めた。
幅広い知識からもたらされるウィットに富んだ話しぶりは、生徒のみならず、保護者の方々にも絶大な人気がある。

佐々木 康明

<能開×大阪星光学院特別対談企画>
星光の探究心を育む サイエンス教育・合宿教育の秘密

最難関理科担当 外村 昌人

受験理科を中心に20年以上の指導歴をもつ。灘中をはじめ多くの中学へ合格者を輩出。受験理科に関する研究家で、全国の中学受験から大学受験に至るまで、理科の出題傾向や対応法・指導法などを研究し蓄積している。『新理科ゼミテキスト』編集責任者、《最難関α特訓》理科担当を経て、現在は天王寺校で最難関クラスを担当。
理科全分野にわたる豊富な知識に基づくわかりやすい授業によって、理科好きの生徒を増やしている。

外村 昌人

能開センター入試実績向上の秘訣
~星光84名・西大和129名(うち女子23名)・四天王寺77名合格への活動と
星光西大和算数受験指導について~

大阪中央エリア責任者 田中 範

現中央エリア責任者、最難関中学入試のエース指導者・鳥居輝良とともに、能開で《最難関α特訓》を企画・実現させ、4年間での実績は灘中合格率70%と驚異的合格率を誇る《α》クラスを確立した。《α模試》など、最難関中受験対策の《α》企画を精力的に展開している。

田中 範
星光・西大和プロジェクトリーダー 岸本 裕貴

一昨年のプロジェクト設置当初より、リーダーとしてチームを牽引。大阪星光学院中合格者数№1の立役者。中学受験映像講座「Web大阪星光学院」の算数スーパー講師も自ら務めている。入試分析を踏まえた手堅く幅の広い受験指導には定評がある。

岸本 裕貴

<能開×西大和学園特別対談企画>
日本一への西大和学園のビジョン
~東大・京大・医学部に向けた西大和教育とは~

最難関理科担当 河原 豊

入社以来一貫して奈良主体に受験指導に熱く携わり、理科のスペシャリストとして、多年にわたり志望校別模試・中学受験公開模試の問題作成、膨大な入試対策問題を集大成しての「理科大全」編集などを担当。理科教科主任、灘特訓講座の理科指導経験も有する。
入試分析会や説明会の場をユーモアあふれる当意即妙の語り口で和ませる明るく楽しい人柄であるが、説明スライド中にまるで動画のように絶妙な動きを見せる変幻自在の画像を徹夜で仕上げるリアルさへのこだわりをもつことでも知られる。

河原 豊

▲ページのトップへ