指導者が語る合格指南

TOP > 指導者が語る合格指南 > 能開センター江坂校責任者 村上 明

能開センター江坂校責任者 村上 明 子どもたちに志望校合格力と能開らしい人間力を

 小6受験指導はもとより、きめ細やかな配慮と着実な教育実践が欠かせない低学年指導まで幅広くこなす。そのシュア(sure、確実な)な教科指導手腕(主に算数を担当)、やさしさの裏に秘められたたくましい生徒指導力、また最後の最後まで子どもたちに向き合い続ける面倒見の良さには定評がある。
 中学受験に関心が強い京阪エリアの枚方校責任者から、大阪でも有数の進学熱が高いエリアにある江坂校へ2年前に異動し、今年度より責任者に。
 シュアな授業力を支える教科力の確かさは入社以来担当している中学受験公開模試や実力テストの作成実績が証明する。

地元有名私学と近畿難関私学、2つの受験ニーズに応える

早速ですが、枚方校に続いて、今度は大阪北摂エリアの江坂校の校責任者ですね。どちらもご家庭での進学志向がとても強い地区ですし、ライバルとなる他の塾も乱立ぎみと言ってよいようなエリアです。そんな中で、能開センターとしてどんな指導を展開していくのか、その抱負をお聞かせください。

 こんにちは。よろしくお願いします。実は私、もともと北摂生まれの北摂育ちなのですよ(笑)。ですから、このエリアでの「暗黙知」(氷山の水面下部分のように、表に表れた以上に大きくて豊富な、言い表せない知識のこと)をたくさん持っています。私にとっては、「地の利」があり、「得手に帆を揚げて」の気分です(笑)。
 ここは大阪ではずいぶん早くに「ニュータウン化」したエリアです。新中間層と言うか、「進学は家庭の投資」という進学に積極的な考えをお持ちの中流のご家庭が最初に集住した地区です。ですから進学を支援する学習塾も、早い時期からできたエリアですね。
 そういう家庭が多いからでしょう、他の地区に比べれば、北野高校をはじめとする優秀な公立高校が存続していて、公立中学校もしっかりしているところが多い。では、私学志向が弱いか? と言うとまったく違う。一方で、私学受験志向も猛烈にあります。中でも中学受験は、ご家庭での進学戦略の必須の選択オプションとして定着しています。低学年からの通塾志向が強いのがそのはっきりとした表れでしょう。
 ここでの中学受験志向は2つに大別できます。1つは地元で優良な教育環境(中高一貫校)を確保したいというもの。もう1つは京阪神でトップレベルの進学校をめざすものです。前者は、関西大学第一や金蘭千里などの地元有名中学への、後者は灘、大阪星光学院、洛南高校附属などの難関中学への志向となります。
 こういう中で、能開センター江坂校は何をめざすか? このそれぞれのお望みに着実にお応えできる学習塾でありたいと考えます。ただし、能開流にです。
 能開流というのは、私が考えますに、合理性と人間力です。現代人らしく道具や手段を上手に選んで使いこなし、効率的に志望校に合格できる学力を身につけることと、目標を見失わず最後まで実現できるたくましさや強い意志、そのプロセスで出合うであろう汗と涙の苦難を乗り越えられる人間としての力。その両方を数年間の「受験体験」で同時に手に入れるのが能開流の中学受験です。
 そのために、枚方校でもそうでしたが、私は、いや私たちはクラス授業でしか実現できないダイナミズムあふれる指導と、「自習質問教室」などその前後での個別的でさまざまな小指導を常にダブルで行ってきました。クラス指導と個別対応の、いいとこ取りですね(笑)。その結果としての一人別対応力とその細やかさは、能開センターの1つの売りではないかと思います。江坂校でもこういうダブル指導を通じて、子どもたち一人ひとり、またご家庭ごとのご期待にお応えしていきたいと考えています。

「それぞれの第一志望校に全員合格させる」という決意

今春の江坂校の合格実績について振り返ってください。

 はい。受験は私たちの数年間の指導結果です。私たちには、言い訳できない「結果責任」が厳しくあると強く認識しています。
 さきほど申し上げました地元有名中学に関しましては、関西大学第一に6名(関西大学系列で計13名)、金蘭千里に9名。それから国立の大阪教育大学附属池田に2名が合格しました。
 難関中学の男子校では、大阪星光学院に1名、高槻に5名、清風に5名、明星に5名、洛星に2名、西大和学園に2名。女子校では、四天王寺に4名、大谷に4名。あと共学校になりますが奈良帝塚山に5名、といったところが主だった実績になります。
 自分では納得できる結果ではありませんでしたが、子どもたちは一人ひとり最後まで本当に頑張ってくれました。ただ、残念だった子たちがいることが無念でなりません。結果はすべて私たち指導陣の責任です。
 それぞれの第一志望校に全員合格させる、これが私の変わらぬ決意です。私個人は「合格率100%」をめざしたいと思います。しかしながら現実的な制約条件もありますので、江坂校全体の目標としては「第一志望校 合格率80%」を掲げています。今年度はわずかにそれを下回ってしまいました。
 2012年入試でのリベンジに向け、江坂校としても私個人としても走り出しています。ご期待ください。

クラス授業と密接連動した「自習質問教室」など個別フォロー

そのために具体的にはどのような方策を実施していますか。

 基幹授業であるゼミが、また月次で実施のテストが受けっぱなしにならないよう、恒常的なシステムでフォローできる仕組みにしています。その軸になるのが、さきほども言いました毎週の「自習質問教室」であり、きちんとフォローできるよう理系担当の先生が質問受けできる体制を整えています。また、特に地元有名中学をめざす5、6年生のためには、別途土曜に時間を設けて確実なフォローを強化します。
 それから中学受験公開模試・実力テストに関しましては、実施直後にその解説授業をしています。可能な限り採点結果を踏まえながら、落とし穴となった問題への対処法、正解への道筋の立て方など、今後に活かせる弱点補強対策として実施します。
 さらに、自習質問教室や宿題チェックなどを通じて、私たちは子どもたちの家庭学習の進行状況までほぼ掌握していますが、秋以降には想定受験校に備えた入試過去問題演習を計画的効果的に進め、やりっぱなしにならないよう、一人別にその進め方の指示書を作ったり、国語の記述問題には添削したりなど、もれのないフォロー体制を敷いています。
 これらと関連して江坂校では、クラス別に併願受験のパターン化を進めています。これによって、過去問演習を含めて、よりトータルかつ受験校を具体的に想定したきめ細かい受験対策指導とフォローをシステム的にできるようにしました。
 以上の江坂校を拠点とした恒常活動と、エリア一体となった難波集結の土曜特訓や日曜実戦講座を有機的に組み合わせて通年指導しています。なお、秋からの日曜実戦講座では、江坂校に「関西大第一・金蘭千里特訓講座」を開講し、両校の合格をめざす会員生のため万全を期しています。

「能開で叱ってもらい、家庭ではほめてあげる」

保護者の方とはどんな連携をとっていこうとお考えですか。

 「学力」はそれだけであるものではありません。それはお子様たち一人ひとりの「生きる力」「人間力」のあくまで一部です。だからこそ、人に明るく挨拶する、人に言われずとも自分のことは自分でする、自分でやったことは自分で責任を引き受けるなどといったことがどの程度できるかが、深いところでその子の「学力」の伸びと関わってくるのです。
 これまで申し上げてきましたように勉強そのものは、家庭学習まで能開センターがマネジメントしフォローします。ですからご家庭では、お子様の一部だけに着目した「受験生」や「勉強する子」としてではなく、成長途上にあるもののトータルな「一人の人」として見てあげてください。
 大人でも同じですが、親しければ親しいほど長所より短所に目がいってしまうものです。意識して、親子の距離を少しだけ広げてみてください。なぜなら、そうしなければ親子は密着しすぎていて、「一人の人」として見ることができないからです。「一人の人」として「できること」「できたこと」に注目してあげてください。たとえばテストの「取れなかった」点数や問題ではなく、「取れた」点数や問題をほめてあげてほしいのです。「悪い」点のときは何も言わなくても、当人が一番それを痛感しています。それ以上モチベーションを下げて、いいことは何もありません。
 それに、子どもは家庭の中だけではなく、家庭を含めた社会の中でこそ学び育つものです。実際、小学2年、3年のころは親の言うことをよく聞いていた子も、5、6年生になれば反抗期もあり、家庭ではなかなか思うようには聞いてくれなくなりますね。
 そういう面でも、私たちをご活用ください。勉強面に限らず、日常の生活面でのこともご相談ください。そういったことは勉強のやり方にも必ず反映されています。人間力が生活面に表れ、その上に学力がのっかっていますから。ご家庭でのことも含めて、お父様お母様に代わって、厳しくやさしく指導させていただきます。
 「能開で叱ってもらい、家庭ではほめてあげる」、これが勉強面でもしつけ面でも効果的なやり方です。ほめるところが見つからないとおっしゃるなら、ご相談ください。能開でのマル秘情報をお教えします(笑)。
 ともあれ、ご家庭と連絡を密にとって、良い学習、良い受験を進めていきたいと考えます。中学受験は、受験生、ご家庭、そして私たち、三者が一体となっての受験です。このトライアングルのうまい連携なくして、受験の成功もありません。

人間面でも成長できる「価値ある受験」ができる校に

最後に、江坂校の今年度の目標や意気込みをお聞かせください。

 数ある学習塾の中から、能開センター江坂校を選んで通塾してくれている子どもたち、それをご支持くださっている保護者の方々は、他塾にない「能開センターの良さ」を求めて来られています。それが何かをしっかりと自覚し、それを必ず実現させること。そのことが私たちの、そして校責任者として私の仕事です。
 合格目標としては、関西大学第一、金蘭千里に各10名以上。灘、大阪星光学院、西大和学園、洛南高校附属、神戸女学院に各1名以上。さらに高槻、四天王寺に各5名以上。
 単なる合格ではなく、子どもたち一人ひとりが心から「中学受験をして良かったな、これからも頑張っていこう!」、そのように言ってくれる「価値ある受験」ができる校にしていきたいですね。
 そのために、「一人の会員生に対して、すべての先生が担任」を校スローガンに、学力のみならず、勉強の習慣や上手なやり方を身につけ、生活面人間面でも成長できる、たとえばきちんと挨拶ができる、人に感謝の念が持てる、身の回りの整頓ができるなど、「成長したな」と本人も保護者の方にも感じ思ってもらえる、そんな指導を展開していきたいと思います。率先垂範、頑張ります。