指導者が語る合格指南

TOP > 指導者が語る合格指南 > 西宮北口校責任者 三國 拓郎

「受験してほんとうに良かった」と言える中学受験をサポート

 多年中学受験指導に携わってきたが、縁あって能開センターへ。受験とその先を見据えた教育理念、子どもたちに真正面から向き合う指導姿勢、それを支える能開の精神風土に共感しつつ、能開のテキスト・テストシステム、指導論などを真摯に修得。
 折よく阪神・北摂エリア開設のチャンスに出合い、地元教育事情を知る西宮北口で新規校オープンの準備に当たる。その後、今春の正式開校に際し、西宮北口校責任者に抜擢される。
 大きな体と気さくな性格で初めての子どもたちにもすぐに親しまれ、飾らない発言と誠実な行動で保護者の方々の信頼を集めている。指導にかける責任感、子どもたちに寄せる熱い情熱は誰にも引けを取らぬと自負。教科指導は国語および社会を担当する。

西宮北口における能開センターの存在価値を知らしめたい

西宮北口校責任者となって、いかがですか?

 体型はそうでもないのですが、まさに“身が引き締まる”思いです(笑)。本当にそう思っています。
 前職で、千里中央、西宮北口、梅田と、能開センターが最近開校したロケーションと同じ所にいました。その中でも、ここ西宮北口は随一の地です。“塾銀座”とも呼ばれ、“中学受験の最前線”と言っても過言ではないでしょう。
 子どもの人口は全体では減っていますが、この地区では増えています。最難関校から伝統あるブランド校まで、幅広いニーズがある一方で、その要求水準は高いものです。各ご家庭では、より質の良い教育サービスを常に求めていらっしゃいます。
 私が能開センターにお世話になってしばらく経ったのち、私にとっては偶然にも「阪神・北摂エリア」として能開センターが新規校を次々と開設することになりました。私に地の利がある地区です。それを買っていただいたのか、西宮北口の開校準備スタッフに選ばれ、体験講座などを担当していました。そして、2月よりの通常授業開講に先立ち、校責任者にご指名いただいたというわけです。
 そういう西宮北口の地に、能開センターの一人のリーダーとして立てることはとても栄誉あることであり感謝しますと同時に、重い責任感も当然ながら抱いています。しかし、それ以上にやりがいと使命感を強く感じています。
 この地にこそ能開センターが必要だということ、能開こそ待ち望まれていた存在だということ、つまり能開センターの存在価値を、地域の皆さまに知っていただかなくては――。そういう思いで、今はひたすら突き進んでおります。

受験とその先を見据え、一人ひとりに本気で向き合う指導

どういう方針で臨まれていますか?

 能開センターの教育理念にのっとり、その基本方針を徹底する指導姿勢で臨んでいます。「受験とその先を見据えた指導」がその第一です。単なる受験、合格のための合格に終わらないこと。合格・入学した後の中高生活こそが目的です。さらに言えば、大学進学であり、その後の人生です。
 受験学習の全体、小学生としてはまたとない「中学受験」という大きな体験を通じて、何をどう学ぶかなのです。こう言うと少々大げさな言い方になりますが、志望校合格とともに、賢い生き方を学び取ってほしいと強く願っています。
 たとえば、目標を立てて、それに向かって努力・工夫することの大切さです。一方で、因果応報と言いますか、努力・工夫に応じて成果は変化するということ。また、思いだけでは自分の望み通りならないという人生の厳しさも。
 学習そのものについては、基本や原理原則、考え方ですね、これを自分で自在に使えるようマスターしなければいけません。これがあって初めて、応用も可能になります。そして学ぶ楽しさです。「好きこそものの上手なれ」と申します。学ぶことが楽しい、好きだということは一生の宝物になります。
 基本方針の二つ目は「子どもたち一人ひとりに本気で向き合い、可能性を拡げる指導」です。これは、学習塾ならごく当たり前のことのように聞こえます。しかし、そういう思いを持っていることとそれが実際にできているかどうかは別のことであり、また、それが本当に一人ひとりに対して実践できているかどうかも別のことです。能開センターは、掲げたことを誠実に実行しています。
 「一人ひとりに」ということについては、保護者の方に対しても同様です。言うまでもありませんが、クラスや成績による分け隔ては一切ありません。能開センターに大切なお子さまをお預けくださった保護者の方、お一人おひとりの身になり、つどつどの学習相談はもちろんのこと、気になられるでしょうお子さまの西宮北口校でのご様子がしっかりと伝わるようご連絡申し上げることをスタッフ一同いつも心がけています。

信頼関係の中で子どもたちの力を伸ばしていく能開の風土

どうしてそういったことが可能なのですか?

 能開センターには、いま私が申し上げたことを可能にする精神風土があります。そういう基盤なくしては、どんな理念であれ、なかなか実現できるものではありません。
 私が能開センターに来て驚いたことのひとつに、スタッフがみんな明るく、楽しく指導に当たっているということがあります。気持ちが開放的で、指導上の悩み事であれ、気さくに相談し合います。だからチームワークにも強力なものがあります。
 こういう風土だからこそ、指導にかける思いのたけを、目の前で待ってくれている子どもたちに力いっぱいぶつけることができるのだと思います。「楽しく学ぶ」は能開センターのモットーですが、指導する者がそうでなくてこれは実現できません。
 こんな“空気”が、周りの雰囲気に敏感な子どもたちに伝わらないわけがありません。能開センターの子どもたちはどこか違います。西宮北口校にひとたび来れば、だれもが明るく元気なのです。それが私たちと子どもたちとの距離感によく表れています。子どもたちの方が私たちの気持ちに一歩踏み込んできます。
 もちろん、これは授業前のことですし、そんな場でも私たちは決して「先生と受講生」の関係は崩しません。けじめをつけますし、子どもたちも心得ています。そこでやさしく接していても、授業の中で厳しく叱らなければいけないこともあります。すべて当たり前と言えば当たり前なのですが、これをきちんとやり遂げるのが能開流です。
 こんなふうに心を開いて向き合えることによってこそ、信頼関係も生まれてくるのだと思います。それが私たちに“心の目”を開かせ、得点にまだ表れていなくても、その子が確実に前進していることを知らせてくれます。
 そして私たちは、最後まで、際の際(きわのきわ)まで指導をゆるめません。その結果、その子は“あと少し”だった志望校への壁を最終的に見事に乗り越えていってくれるのです。能開センターの会員生たちの力が最後まで伸びていく理由がここにあります。
 子どもたち一人ひとりとの本気の指導と信頼、保護者の方々お一人おひとりとの親身のコミュニケーション。これらは、初めての塾に能開センターを選んでお越しくださった方々ばかりでなく、転塾をされた方々にも「能開センターに来てよかった」とご評価を頂戴しております。

ハレの場「集結特訓」を通してたくましい受験生が育つ

能開センターの“秘密”はほかにもありそうですね。

 あります。能開センターには「子どもは変わる、変われる」という信念があります。それを体現している場のひとつが「集結特訓」です。集結特訓というのは、春・夏・秋・入試直前期に、全近畿の能開センター受験生が一堂に会して実施される集中学習会です。のべ15日間にわたって、いまは大阪の清風学園を会場に行われています。
 わかったように話していますが、実は私も初体験でした。能開に来るまで、このようなものを経験したことはありません。先ほど「思いを持っていることとそれが実際にできているかどうかは別のこと」と申し上げましたが、能開センターがすごいと私が考える実例のひとつがこれです。
 集結特訓を通して、子どもたちは本当に変わっていきます。どの子も受験生として、たくましく、そして大きくなっていきます。西宮北口校の子どもたちも、集結特訓への参加を機に、より本気でがんばれるようになりました。私自身も、能開センターの指導の神髄をいっそう血肉化できたと思います。
 実は8月の集結特訓では、西宮北口校が校別成績で見事第一位に輝きました。みんな、本当に喜んでいました。思いますに、学習の継続や深化、さらには進化させていくためには、単に学習の内容、また手段の改良・改善だけでは足りないのです。足し算ではなく掛け算のようなものが必要です。
 自分のいま持っている限界、カラを破り、つまり脱皮していくためには、“モチベーション”を高め、そしてこれをセルフコントロールできる“精神力”として保ち、“学力”と併せて鍛えていくことが必要なのです。それらを高めるきっかけとなる場が「集結特訓」です。
 能開センターのシステムは実に巧みです。民俗学に“ハレとケ”(非日常と日常)という対概念があるのですが、ふだんの校、つまり西宮北口校が“ケ”で、集結特訓が“ハレ”です。特別な場で特別な体験をすることが、ふだんでは得られない大きなモチベーションとなり、やがて自ら脱皮を求めていく新たな精神が育つのです。
 このように、理念とそれを実現していく仕組みが本当にあることがすばらしい、と私は思います。

入試国語の明快な読み方・考え方・答え方を伝授する

先生の授業についてお聞かせください。

 社会も指導していますが、ここでは国語についてお話させてもらいます。科目の中でも、入試と学校内容とで“考え方”を一番切り替えなくてはいけないのが国語だと思います。学校国語では、たとえば物語文で言えば、人物の言動や話の筋を追って読みながら、“自由”に考えてみるという方向に進み、最後は“感想”文にまとめるというのが大まかな流れではないかと思います。
 一方、受験国語では“必然”を読み取ることが基本です。書かれてあることを証拠に人物の気持ちを読み取り、またそれに基づいて次の行動があるという流れを読み取らなければなりません。さらにそれを求められた形で“解答”するというのが受験国語です。こういう入試国語の読み方、その際の考え方、答え方を、入試問題から言わば“逆算”で伝授していくのが私たちの仕事だと考えています。
 ここにおいて、算数のような明快さが国語という科目にも表れます。たとえば人物の気持ちは「うれしい」ではなく「かなしい」が正解だが、なぜそうなのかについて、明確な理由が文章の中に見つけることができるという発見です。子どもたちは「なるほど」と言います。これが受験国語の醍醐味です。
 国語で出題される文章は毎回ちがうものです。また、文章表現にはさまざまなものがあります。しかしあるパターンというものもあります。それが読み取り方のポイントです。同様に、答え方にもそれがあります。
 能開センターのテキストはすべて、実際に出題された入試の分析に基づいて作成されていて、読み取り方のパターン、答え方のパターンが体系的に整理されています。だからこそ、学び取れる“学習テーマ”が成立し、ただ「国語を学習した」ではなく「今日は何を学習してきたのか」を言うことができるのです。
 能開センターの国語テキストですが、読解学習専用テキストと語彙学習専用のテキストがあります。読解テキストは問題量が豊富で、レベル別にもテーマ的にもクラスやその子に応じた使い分けができます。また、語彙のテキストはさらに漢字・熟語テキストと語句テキストに分かれていて、徹底的に国語力を仕上げていけるように工夫されています。私は初めてこれらを見たとき、これは力がつく、得点も上げられるな、ととても感心しました。

「受験してほんとうに良かった」と言える中学受験を

今後の抱負をお聞かせください。

 あっと言う間に半年が過ぎ、まもなく秋を迎えます。そして西宮北口校にとっては初の入試へと進んでいくことになります。この間、新設の能開センター・西宮北口校を見込んで、“勇気”をもって転塾していただいた小6生もいます。
 多くの皆さんから西宮北口校に託された夢が叶うよう、6年生全員を是が非でもそれぞれの志望校合格に導きたいと思っています。現5年生には先輩の姿を励みにさらなる飛躍を図ってもらい、3・4年生は能開生らしく楽しく力をつけていってもらいたいとスタッフ一同考えています。
 前に能開センターのシステムのお話をしましたが、仕組みがいくら良くても、それを活かせるかどうかは“人しだい”であるのは当然のことです。自分で言うのはちょっとおこがましいのですが、西宮北口校の一番の自慢は人、指導スタッフです。言うだけではおわかりいただけませんので、ぜひ体験授業などをお受けいただけたらと思います。
 それから、西宮北口校では中学入試の成否で大きなウエイトを占める算数指導について、特に留意しています。4年生以上はレベル別クラス編成ですが、1クラスに複数の算数スタッフが関わっています。これは分担ではなくて、スタッフ間で授業情報を共有化し、質問へのこまめなフォロー、またクラス変更の際にも即時対応できるよう独自に行っているものです。
 能開センターは、阪神地区での知名度は残念ながらあるとは言えません。しかし、能開センターの大阪所在のある校にご親戚の方が通われていたことがあり、能開センターの良さをかねがね知っていたとお話くださる方々もいらっしゃいます。ありがたいことです。そういうお声を背に、私たちは中学受験の本道をしっかりと歩んでいきたいと思います。
 ご家庭のニーズは多種多様だと思います。難関校ばかりでなく、たとえばご一族で選ばれたあの伝統校へというように、お一人おひとりの夢がちがっていて当然です。能開センターでの指導に、決して偏差値や難易度で強弱はありません。それぞれにきちんとお応えいたします。
 また、そこへのプロセスにおいても結果においても、さらにお子さまにも保護者の方にも受験のときだけでなく、将来においてもご満足していただける中学受験、「受験してほんとうに良かった」と言える中学受験を、責任をもってサポートさせていただくのが能開センターの存在価値であり、使命であると自負、自覚しております。
 これから中学受験をお考えの方ばかりでなく、もしいまご不安やご心配をお抱えなら、ぜひお気軽に一度お声をおかけください。いつでもご相談にのらせていただきます。

ありがとうございました。