TOP >能開OBインタビュー

能開OBインタビュー

  能開センター泉佐野校で学んで中学受験し、清風南海中に合格。在学中はクラブ活動に汗を流す一方、物理に大いに興味を抱き、「物理チャレンジ」(高校生までが対象の、全国規模の学習コンテスト)に挑戦して銀メダルを獲得。また、再び能開生になって、今春、憧れの京都大学理学部に現役合格を果たした小川順生君。そんな小川君へのインタビューをお届けします。

入試は滑り込みで合格、学習と部活を両立した中学生活を送る

――今日は、中学受験して能開センター卒業後もいろいろなことに挑戦を続け、この春、京都大学に合格された小川君にお話を聞きます。後輩の皆さんにも参考になるお話がきっとあると思います。

 まずは、京都大学合格、おめでとうございます。実感がわいてきましたか?

小川君

 ありがとうございます。合格証書をもらいまして、ああ本当なのだと…(笑)。

――能開センターへの入会は何年生のときでしたか?

 はい。能開との出会いは、実はプレスクールのときです。その後、改めて能開センターに通い始め、小学2年から中学受験までお世話になったのが泉佐野校でした。

――そのころの思い出ってありますか?

 印象として残っていますのは先生方で、親しみがある先生、話しやすい先生、そしておもしろい先生が多かったなということですね。それから、僕はこのころから理系で、国語が苦手科目でした。漢字を覚えるのが苦手で、文章を読むのが遅かったですね。いまもそうですが。

――そして、中学受験はどうだったのですか?

 清風南海中に合格できたのですが、正直、ぎりぎり滑り込みセーフという感じでした。何しろ、公開模試の合格度判定はEばかりで、ラスト1回だけどうにかCでしたから。

――そうだったのですね。

だから、合格はとてもうれしかったです。

――中学校ではどんな学校生活を送っていましたか?

 スポーツがしたくてソフトボール部に入ったのですが、ほとんど毎日あり、部活動に時間とエネルギーを取られ、勉強の方は授業と宿題だけという感じになってしまいました。ただし、授業はしっかりと受け、宿題はきちんと仕上げるように頑張っていました。

――得意、苦手科目はどうでしたか?

 やはり、得意は数学と理科でした。でも、人並み、あるいはそれよりは少しばかりできる程度ですよ。苦手は相変わらずの国語と英語で、定期テストではいつも欠点すれすれの点数でした。

――能開にもどってきたのは中学3年生のときでしたっけ?

 ええ、中3の冬です。部活を引退して時間ができたこと、それに難しくなる高校での学習に備えて力をつけなくてはという思いもありました。それで、中高一貫コースのある貝塚校に通い始めました。

さまざまなことにチャレンジした高校生活の中で得たものとは

――いよいよ高校ですが、学習内容はやはり難しくなりましたか?

 ええ、難しくなりましたね、進むスピードも速くなりました。

――それでも、クラブにまた入ったのですね?

 そうなのです、今度はテコンドーを始めました。しかも副部長になってしまい、高3の春の引退まで、ほとんど休まずに参加していました(笑)。

――そういう中で、コースが特進からスーパー特進へと替わったのですね。

 はい、高2からコース変更になりました。定期テストの成績で決まるのです。能開にも通うようになって、時間配分や効率の良い学習がうまくできるようになり、それが実ったのだと思います。クラブの合間をぬって、能開の自習室をよく利用していました。

――大学受験に向けての文理選択は?

 もともと理科好きでしたので、理系に決めていました。選択科目は化学が必須で、あと物理か生物かでしたが、そこは大好きな物理を選択しました。苦手な社会の方は消去法で、暗記が多い世界史や日本史ははずして、倫理政経を選びました。

――京大理学部へはいつごろ行きたいと思い始めたのですか?

 高2の秋頃でしょうか。それまでは何となくですが、目標は大阪大学の理学部かなと自分でも思っていました。でもやっぱり憧れの京都大学にチャレンジしたい!と思ったのが高2の秋です。その前後から、能開の自習室へはますます足繁く通うようになりましたね。

小川君

――物理が得意な高校生の全国大会である「物理チャレンジ」への挑戦は?

 参加したのは高3になりましたが、参加したいなと思い始めたのは高1の春でした。実は高校生になっていろいろ野望がむくむくと湧き起こりまして(笑)、高2のときには「数学オリンピック」(全国規模の数学コンテスト)に参加しました。こちらの結果は地区優秀者ということでしたが。いろいろなことに挑戦したかったのです。京大への挑戦もその1つです。

――「物理チャレンジ」に備えての準備、また結果について教えてください。

 準備としては、高校の物理の教科書を中心に徹底的に勉強しました。大学で学ぶような内容にも少しは触れましたが、高校レベルの学習に集中しました。選考は各地方大会を勝ち抜いた人たちが東京に集まり、合宿形式で行われました。僕の結果は銀メダル。これまでに味わったことのないうれしさでした。

――メダル以外にも得られたことはありますか?

 コンテストの中でいろんな人たちに出会いました。これに参加しなければ決して出会えない本当に個性豊かですばらしい人たちと触れ合うことができました。そんな人たちと友人にもなれました。ふだん見ている世界がいかに小さなものだったかを痛感しました。チャレンジすることが、自分にとっての新たな大きな世界の発見につながるのです。

京大理学部現役合格への挑戦、後輩の皆さんへのメッセージ

――京都大学理学部受験について教えてください。

 京大のAO入試である「特色入試」に挑戦しました。関門が2つあって、最初の関門は無事突破し、手応えを感じていたのですが、結局だめでした。とても悔しかったです。
 そしてセンター試験となったのですが、またしても大失敗…。苦手の国語が200点満点中91点でした。2次試験でも前日に食べすぎて、自業自得ですが最悪のコンディションでの受験でした(笑)。最終的には合格できたのですが。

――大学での目標はありますか? また、将来に向けての夢を聞かせてください。

 大学では、好きな物理を専門的に深く学ぶとともに、さまざまなことを幅広く学んで教養のある人間になりたいと思っています。留学もして英語は自由に操れるようになり、世界中の人たちとコミュニケーションがとれるようになりたいです。また、総合大学なので、横断的な教養を磨くとともに、多様な人脈をつくりたいですね。
 将来は理論物理学、素粒子物理学の研究者になりたいと思っています。世界を舞台にして活躍できるようになりたいです。英語はグローバル・スタンダードで研究を行っていくために欠かせぬツールでもあります。

――素粒子物理学って、どんな学問なのですか?

 簡単にいいますと、極小の世界を探り、その仕組みを知ることで、極大の世界である宇宙の成り立ち(ビッグバン)まで考える、つまりミクロを探究しマクロ世界も解明していく学問です。京都大学理学部には日本人初の受賞となった湯川秀樹博士初めノーベル賞受賞者を輩出してきた、理論物理学の偉大なる伝統があります。僕もここでノーベル物理学賞をめざして研究することが大きな夢です。

素粒子

※素粒子物理学とは?

 ワオ・コーポレーションが青少年向けに先端科学を紹介する科学学習サイト

サイエンスパーク

の記事で知識を広げましょう。

○フロントランナーVol.44
宇宙の始まりに素粒子で迫る!~素粒子物理学の最前線
http://s-park.wao.ne.jp/archives/2213
   東京大学カブリ数物連携宇宙研究機構 村山 斉 機構長

○フロントランナーVol.4
最後の素粒子「ヒッグス粒子」の発見はさまざまな謎の解明のスタート台
http://s-park.wao.ne.jp/archives/384
   高エネルギー加速器研究機構 素粒子原子核研究所 野尻 美保子 教授

――期待しています。では、最後に自らの体験を踏まえて後輩たちへメッセージをお願いします。

 はい。まず、これから中学受験をする皆さん。どんどん挑戦してください。僕の志望校は判定ではずっとEでした。そこから逆転できたのです。最後まであきらめないことです。あきらめずに、最後まで努力し続けてください。必ず、最良の結果が待っています。

 次に、中学受験を終え、これから中高一貫校で学ぶ皆さん。勉強だけが中学高校生活ではありません。クラブにも入って仲間を作ってください。学校生活を思いっきり楽しんでください。もちろん勉強もちゃんとしなくてはいけません。クラブとの両立は、時間の使い方を上手にしてくれます。

 そして、志望大学をめざして頑張っている高校生、受験生の皆さん。それぞれ事情が違いますので一概には言えませんが、もし塾に通っているならば、学校と塾をバランス良く活用し学習することが大切です。学校の勉強をないがしろにし、塾で勉強すればいいやと塾に入りびたりではだめです。現役合格の秘訣は学校の勉強をどう活かすかにあるのですから。

 それから、めざす目標は高く持つこと、そして決めたら安易に下げないこと。下げるのはいつでもできます。高く掲げた目標があってこそ、初めて挑戦することも可能になるのです。まずはチャレンジあるのみです。高い目標に向かって最大限に努力することです。道は必ず開けます。そして自分にとっての新たな大きな世界を発見してください。

――インタビューは以上となります。ありがとうございました。