JigJamJungle

TOP > JigJamJungle

さて…
ボーリングのピンの並び方って知っていますか。

こうですね。

例題1

10本のピンが三角形にならんでいます。

ところで、この図のようにならんでいるとすると、ボールはどの方向から転がってきますか。斜め下からなんていうのに気づくセンスは認めますが、ここではやめておきましょう。普通に考えると上(北)の方向から転がってきますよね。そこで問題です。ボールが下(南)方向から転がってくるようにするには、ピンの並び方を逆三角形に変えなければいけません。そのとき、動かすピンの数をできるだけ少なくすると、何本のピンを動かせばよいことになりますか。

【解答】
図の通り、3本動かせば向きが逆になります。

知っておこうこんな法則

では、もしこの段数が5段、6段と増えていった場合でも一定の解法があるのかどうか?
それが今回のテーマです。
実はこれ、4段から7段までを考えるとエレガントな規則性に気がついてしまいます。ぜひ自力で見つけたいという人は、このあとの解説を見ずに問題と向き合ってみてください。算数の醍醐味は‘発見’にあるのですから…。

解説を見る
一覧へ戻る