• 宮城県TOP
  • 能開センターとは
  • 中学生向けコース
  • 小学生向けコース
  • 入試情報
  • 教室一覧
  • 入会までの流れ

能開センター HOME>宮城県TOP>入試情報>高校入試情報

公立高校入試の動向

ここ数年、宮城県の公立高校の入試制度には、さまざまな変更がありました。大きな変更の一つとして「共学化」と「学区撤廃」があります。平成19年度から始まった公立高校の共学化は平成22年度に全ての高校が完了し、学区撤廃と併せて、受験生の選択肢が広がりました。また、大きな変更の2つ目として「前期選抜入試」の導入があります。この前期選抜入試では、英語・数学・国語の学力検査があるとともに、高校に応じて面接・実技・小論文などの試験が実施されています。

入試情報


成25年度より、宮城県の公立高校入試では新たに「前期選抜」が導入されました。また後期選抜も含め、大幅な変更が行われています。

(1)平成27年度入試より前期定員の見直しが行われました。普通科は20%から30%へ。その他の学科は30%から40~50%となりました。
(2)前期試験に出題条件がつきました(表2参照)。
(3)前期・後期で選抜方法が異なります。後期は従来どおりに学力検査と評定点の相関関係で選抜し、前期は各項目を得点化してその総点で選抜します。
(4)前期・後期で評定点の計算方法が異なります。前期は英数国以外の評定が2倍に、後期は英数国理社以外の教科が2倍で計算されます。
(5)評定点と学力検査点の学校別の重点比率が公表されています(表3参

一度能開センターにご相談・お問い合わせください

能開センターに関する資料請求は以下の「資料請求」ボタンより、各種イベントへのお申し込み・お問い合わせは、フリーコールまでお気軽にご連絡ください。

フリーコールでも承ります(通話料無料)フリーコール 0120-047-052

  • 資料請求

各教室のご案内

宮城県

中学受験・高校受験

大学受験

能開センター高校部(能開予備校) のサイトへジャンプします。

能開センター高校部(能開予備校)

全国の能開センター

\J̌łŐṼCxg

業界初!WAOnanaco会員証

このアイコンのついているリンクは外部サイトへジャンプします。