• 奈良県TOP
  • 能開センターとは
  • 中学生向けコース
  • 小学生向けコース
  • 入試情報
  • 教室一覧
  • 入会までの流れ

能開センター HOME>奈良県TOP>入試情報>高校入試情報

奈良県公立高校入試動向

1.特色選抜

○検査日程 2月中旬ごろに実施
○全日制課程の専門学科・総合学科・普通科の一部で実施。
○検査の種類(学力検査に加え、残りの3種類から1つ以上を選択して実施する。)
・学力検査 …各高校とも必ず実施する。県教育委員会が作成する国語・社会・数学・理科・英語の5教科から各校が原則として3教科を選択する。各学校が加重配点をすることが可能。
・学校独自検査 …独自問題、口頭試問、実験、自己表現に関するものなど、高校が独自に検査を作成して実施。
・面接 …受験生から事前に提出された自己アピール文を資料として面接される。ただし、自己アピール文は点数化されない。
・実技検査 …芸術・体育に関する実技などの検査を実施。
○調査書の取り扱い
・5段階の絶対評価で、調査書点は各教科15点満点で9教科合計(9×15)135点満点。中2の1学期から中3の2学期まで。また中2の成積と中3の成績の比率が1:2になるように計算される。
・各中学校で作成された調査書を各高校が重視する教科または全体に加重配点を行う場合がある。
(例)○○高校は英数国の評価を3倍、理社を2倍。
・「体育に関する学科等」では、「特技に関する記録」を資料(体育的活動の成果に関する客観的な資料)とする場合は、それを点数化し、その点数を調査書に加算する。
○合否の判定
・検査成績と調査書成績の合計点と調査書のその他の記載内容により選抜資料として総合的に合否を判定。
(注) 特色選抜で合格した場合は、必ず入学するものとする。

2.一般選抜

○検査日程 3月初旬ごろに実施
○特色選抜で、募集人員に満たなかった全ての高等学校において実施する。
○検査について
・国語、社会、数学、理科、英語(聞き取り検査を含む)の5教科の学力検査を実施する。入試問題は県教委が作成する。
・面接を実施する学校もある。
○調査書の取扱い
・5段階の絶対評価で、調査書点は各教科15点満点で9教科合計135点満点。中2の1学期から中3の2学期まで。また中2の成績と中3の成績の比率が1:2になるように計算される。
・各中学校で作成された調査書を各高校が重視する教科または全体に加重配点を行う場合がある(特色選抜と同様)。
○合否の判定
・特色選抜と同様に、調査書成績や検査成績に各高校が重視する教科または全体に加重配点を行う場合がある。

3.二次募集

○検査日程 3月下旬ごろに実施
○特色選抜及び一般選抜等の入試で募集人員に満たなかった場合に行われる。
○特色選抜・一般選抜の入試で合格している場合は出願できない。
○検査の種類
・国語・数学・英語(聞き取り検査は含まない)の3教科の学力検査と面接を実施する。
・各学校が加重配点をすることが可能。
○調査書成績は、調査書点、又は加重配点を加えたもの。
○検査成績と調査書成績の合計点と調査書のその他の記載内容により選抜資料として総合的に合否を判定。

一度能開センターにご相談・お問い合わせください

能開センターに関する資料請求は以下の「資料請求」ボタンより、各種イベントへのお申し込み・お問い合わせは、フリーコールまでお気軽にご連絡ください。

フリーコールでも承ります(通話料無料)フリーコール 0120-047-052

  • 資料請求

各教室のご案内

奈良県

中学受験

近畿中学受験本部のサイトへジャンプします。

近畿中学受験本部

高校受験

大学受験

能開センター高校部(能開予備校) のサイトへジャンプします。

能開センター高校部(能開予備校)

全国の能開センター

\J̌łŐṼCxg

業界初!WAOnanaco会員証

このアイコンのついているリンクは外部サイトへジャンプします。