• 滋賀県TOP
  • 能開センターとは
  • 中学生向けコース
  • 小学生向けコース
  • 入試情報
  • 教室一覧
  • 入会までの流れ

能開センター HOME>滋賀県TOP>入試情報>高校入試情報



滋賀県公立高校入試動向

滋賀県においては、2006年度から学区制が廃止され、全県1区制が採用されました。その影響もあり、一部の高校においては、1.4~1.5倍台の高倍率の勝負となっています。また、入試の種別として特色選抜・推薦選抜・一般選抜の3種が用意されているため、受験校の選択において、従来にも増して情報収集と的確な判断が必要となっています。他方、私立高校へ目を向けると、滋賀県内の私立高校と京都府内の私立高校の両方への出願が日程的に可能となっています。以上の状況を踏まえると、滋賀県の公立高校入試においては、早い時期から、意識的に私立高校も含めた高校入試に関する知識を十分に身につけていくことが必須であると言えます。

特色選抜

特色選抜とは、各高校がそれぞれの特色に応じて独自の検査を行う選抜試験のことです。学校長の推薦は必要ありません。ただし特色選抜で合格した場合、一般選抜の受験はできないので注意が必要です。特色選抜を実施するのは、全日制で推薦選抜を行わない高校がほとんどです。概要は以下の通りです。検査は推薦選抜と同じ日に行われます。
検査
口頭試問(面接)、小論文、総合問題、実技検査から各高校が2つ以上指定。
合否の判断
検査の結果ならびに志願理由書、中学校からの個人調査報告書を合わせて総合的に判断されます。

推薦選抜

特色選抜を実施しない高校において、一般選抜に先立って行われるのが推薦選抜です。特色選抜とは違い、中学校長の推薦書が必要です。従来からある選抜方法ですが、2006年度からは各高校が求める生徒像(推薦要件)をあらかじめ明示することになりました。面接、作文、実技検査のなかから各高校が2つ以内を指定し、その結果と中学校長の推薦書、個人調査報告書を合わせて総合的に合否が判断されます。

一般選抜

一般選抜で実施される学力検査は、5教科各100点満点(各50分)計500点満点。英語のリスニングテストも行われます。学力検査の配点は各校で定めることもできます。各教科100点満点とするところがほとんどですが、たとえば膳所の理数科は数学・理科の配点が高い(各120点)など、一部の学校・学科では得意教科をさらに伸ばしておく必要があります。学力検査以外に、面接や実技検査を行うところもあります。これらと個人調査報告書を合わせて総合的に合否は判定されます。学力検査等と個人調査報告書の比重は各高校によって異なりますが、進学校を中心に学力検査を重視するところが多いようです。

一度能開センターにご相談・お問い合わせください

能開センターに関する資料請求は以下の「資料請求」ボタンより、各種イベントへのお申し込み・お問い合わせは、フリーコールまでお気軽にご連絡ください。

フリーコールでも承ります(通話料無料)フリーコール 0120-047-052

  • 資料請求

全国の能開センター

「伸びた」と実感できる夏にする。能開の夏期講習

おすすめ行事が満載!夏のイベント

業界初!WAOnanaco会員証

このアイコンのついているリンクは外部サイトへジャンプします。