• 栃木県TOP
  • 能開センターとは
  • 中学生向けコース
  • 小学生向けコース
  • 入試情報
  • 教室一覧
  • 入会までの流れ

能開センター HOME>栃木県TOP>入試情報>高校入試情報

栃木県 県立高校入試制度について

平成27年度入試より、学区制が廃止され県内全域が通学区域(全県1学区)となりました。県立高校入試は、「一般選抜」と「特色選抜」の2種類の入試選抜の形態となっています。

【1】受験日程について
*平成30年度 入学者選抜の日程
・1月31日・2月1日 ……特色選抜の願書などの提出期間
・2月7日・8日 ……特色選抜(面接など)の実施
・2月14日 …………特色選抜合格者の内定
・2月20日・21日…一般選抜願書などの提出期間
・2月23日・26日…出願変更期間
・3月7日……………一般選抜(学力検査)の実施
 *3月7日または8日に面接・実技を実施する学校・学科もあります。
・3月13日 …………合格者の発表

【2】特色選抜入試について
1.特徴について
 ・各高校が示す「出願するための資格要件」を満たしていれば誰でも出願することができます。
 ・出願書類の「志願理由書」は受検生本人が記入します。
 ・面接試験はすべての学校で実施となります。
2.選抜方法について
 ・面接試験:「個人面接」「集団面接」「個人と集団の面接(併用型)」などが実施されます。口頭試問をする学校もあります。
 ・作文、小論文試験
 ・学校独自の検査:「学校作成問題」「口頭試問」「実技」「高校独自の試験」などの検査が行われます。

【3】一般選抜入試について
一般選抜入試とは、高等学校教育の普及及びその機会均等の精神にのっとり、志願者のなるべく多数を入学させるものとなります。入学者の選抜は中学校長から送付された調査書とその他必要書類、選抜のための学力検査の成績、さらに面接実施校及び実技検査実施校ではその結果などを資料とし各高等学校の教育を受けるに足る能力や適性などを選定して行います。
調査書は、各学年における「各教科の学習の記録」の必修教科(9教科)の評定が点数化され、学力検査の結果と合わせて合否の決定が行われます。
調査書と学力検査の比重は、学校が独自に選択することができるため、学校・学科ごとに異なるので注意が必要です。上位の進学校ほど学力検査を重視する傾向が強く[学力検査:調査書]の比率が[9:1~8:2]とする学校がほとんどです。
*入試情報は毎年秋ごろに教育委員会から発表がありますので、最新情報にて詳細を確認することが必要です。
1.学力検査の教科について
・国語、社会、数学、理科、英語の5教科の学力検査を行います。一部の学校では、面接、実技試験があります。
2.検査日程について
 ・平成30年3月7日(水)

3.学力検査の問題について
・出題の方針…学力検査は、中学校の学習指導要領に即したものであり、基礎的な基本的事項を重視するものとなります。
・配点について…5教科ともそれぞれ100点とする。
 各教科内の配点は学校、学科により採点基準の配点を基に増減を加えることができる形になっています。

一度能開センターにご相談・お問い合わせください

能開センターに関する資料請求は以下の「資料請求」ボタンより、各種イベントへのお申し込み・お問い合わせは、フリーコールまでお気軽にご連絡ください。

フリーコールでも承ります(通話料無料)フリーコール 0120-047-052

  • 資料請求

各教室のご案内

栃木県

中学受験・高校受験

大学受験

能開センター高校部(能開予備校) のサイトへジャンプします。

能開センター高校部(能開予備校)

全国の能開センター

努力を自信に変える冬にする。能開の冬期講習

冬休み前の塾選び!冬のイベント

業界初!WAOnanaco会員証

このアイコンのついているリンクは外部サイトへジャンプします。