個別学習相談会
難関高校受験の方向け

<中学1・2年生及びその保護者の皆様対象>

難関クラス(Sクラス)のねらい、カリキュラム、使用テキストの説明を中心に、中学3年間の生活パターンの作り方、部活との両立方法などを通じて、中1時点で習得しておきたい学習習慣について、お子様の現状を踏まえながら個別にご相談させていただきます!

概要

東京学芸大附属・早稲田本庄などの難関高校を合格できるレベルまで引き上げるクラスです。難関高校に合格する実力を備えて高高・高女・前高・前女校へ進学する方、より高いレベルで勉学をすすめていきたい方を対象としています。

学年中1中2
クラス名 難関クラス 難関クラス
科目 英・数・国・理・社 英・数・国・理・社
曜日 水・金・土 水・金・土
時間帯 (水)(金)19:30~21:55
(土)17:50~21:10
(水)(金)19:30~21:55
(土)17:50~21:10
週時間 400分 400分

授業料/月(税込)

26,460円 28,620円

特長

  • 数学

    最難関高校入試で問われる「深い思考力」と「操作力」を鍛え上げます。3年後の最難関大学受験のためには、高速学習で早期の基本学習を終了させることよりも、「深い思考力」と「既知の範囲で応用問題を解く訓練」を重点においたカリキュラムの方が効果的と考えています。まず基幹テキストを使用して新単元の理解に努めます。次に能開オリジナル難関対応テキストを使用してその単元を深化させていきます。中1時点から難関高校の入試問題に触れることで「深い思考力」を身につけることができます。

  • 英語

    受験を超えて“英語を使いこなす"ために、まず基礎基本を高いレベルで徹底します。 
    外国語である英語を真の意味で使えるようになるには、中学1年生での基本習得が欠かせません。英語を構成する内容は互いに関連しあうものであり、単体で存在するものではありません。しかし、学習にあたり、あえて分けるとするならば3つの要素に分けられます。 
    ① 発音記号の習得 ② 生活で使う英単語の記憶 ③ 基本構文の暗唱
    一つひとつの単語の読み方のポイントを身につけ、興味ある英語の言葉をどんどん覚えていく。それを組み合わせて文章にし、コミュニケーションを始める。好奇心にあふれる中学1年生だからこそできる英語学習を、この3点を軸に進めていきます。

  • 国語 

    「問題さえ解ければよい」という指導に終始することなく、テキスト掲載の素材文をきっかけに、科学、言語、文化、宗教、さらには現代社会における諸問題についてまで幅広く考察を加え、学んだことを自分の言葉で表現する力を養います。 
    国語の素材文は、筆者が“想い"を持って表現した文章の一部であり、その背後には様々な問題提起が含まれています。語い、選択肢、適語補充等の問題をこなすだけでは、解答のテクニックは身に付いても、文章から学び、自分の思考、思想を形成することはできません。そして将来、難関大学合格、さらに社会で活躍するために必要な力は、まさにこの思考する訓練、自ら考え表現する訓練でしか身に付きません。 
    能開センターのSクラスの国語は、テキストの素材文をベースにしながら、社会の諸問題について、中学生がどのように考え、どのようにして自分の考えを表現すればよいのか、その思考・表現過程をナビゲートする教材を提示し、対話性を重視しながら、先生と生徒の二人三脚で講義を進めていきます。

概要

対象 中1・2 / 保護者
実施日 実施中
時間 ご相談ください(約1時間程度)
費用 無料
会場

「個別学習相談会について」の
お問い合わせ・参加予約はこちら

  • facebook
  • twitter
  • line