新型コロナウイルスの感染防止対策について

更新日:2021/04/05

会員生ならびに保護者の皆さまへ

感染防止へのご協力や校としての取り組みにつきまして以下のようにご案内いたしますので、ご確認いただき、ご協力を賜りますようお願い申し上げます。

まん延防止等重点措置の適用に伴うお知らせ

4月5日(月)のまん延防止等重点措置に伴い、以下の通り運営方針を決定いたしましたのでご確認ください。

  • ①総合講座(ゼミ):フォローアップタイムは引き続き実施したします。
  • ②自習室:中止いたします。
  • ③総合講座・土曜特訓:「Zoom」を利用したオンライン配信も選択できます。

詳細につきましては、各校受付までお問い合わせください。

スタッフの健康管理について

  • 全スタッフとも出勤前の検温を徹底し、発熱などの症状が確認された場合は自宅待機といたします。
  • 出勤直後の手洗い、手指消毒、うがいなどを徹底し、マスク着用で業務にあたります。
  • 帰宅時にも感染予防に努め、感染リスクの高い「密」な場所へは行かないように注意します。

施設について

  • 教室入口付近に消毒薬を設置し、出入りされる方には手指消毒、または手洗いをお願いいたします。
  • 毎日、教室の椅子や机だけでなく、ドアノブやトイレなどの多くの方が触れる箇所は徹底した消毒を実施いたします。
  • 「密接空間」を避けるため、授業フロアへの移動は可能な限り「階段」や「エスカレーター」の利用をお願いいたします。(保護者の方の同伴時は、この限りではありません。)

授業について

  • マスクの着用、入館時の検温と手指消毒へのご協力をお願いいたします。
  • 接触機会を減らすため、座席には一定間隔以上離した配置といたします。
  • 3密防止の観点から、開館中は校内すべての窓・ドアを開放した状態とします。冬の換気については室温を18℃に維持できるように配慮しながら、定期的な換気を行います。
  • 接触機会を減らすため、休憩時間は、クラスごとに時間をずらします。
  • 飛沫感染を防ぐため、講師はマスク着用で授業いたします。
  • 飛沫感染を防ぐため、お子様の発言機会を軽減した形式の授業とさせていただくとともに、授業中の不規則な発言は厳しく注意させていただきます。
  • 飛沫感染を防ぐため、お子様の夕食時の会話についても制限させていただきます。

ご家庭へのお願い

  • 通塾時には、必ず検温をお願いいたします。発熱などの症状がある場合は、通塾をお控えください。
  • お子様へのマスク着用・咳エチケット、手洗い・うがい、ハンカチの持参の徹底などの指導をご家庭でもお願いいたします。
  • 通塾後、発熱などの症状が確認された場合、保護者の方にご連絡差し上げた上で、ご帰宅いただきます。あらかじめご了承ください。
  • facebook
  • twitter
  • line