STORY 暴走する遊園地を止めよ!

世界初!AIが創った「遊園地」から
プレオープンの招待状が届いた。

当日、みんなで楽しく遊んでいると、
突然サイレンが鳴り響いた…
「システムにエラーが発生しました!
緊急マニュアルを確認してください」

出入口にはロックがかかり、
アトラクションが暴走しはじめた!

キミはAIが創り出した暗号を解き、
マザーコンピューターの場所を
突き止められるか?!

能開の小学英語は活気ある豊かなコミュニケーションで楽しく学ぶから続けられる! 能開の小学英語は活気ある豊かなコミュニケーションで楽しく学ぶから続けられる!

イメージ画像 イメージ画像

point1

ネイティブ発音に
たくさん触れる

英語には破裂音や摩擦音など、日本語にはない発音やリズムがあり、小学生のうちから正しい発音に親しむことが大切です。ネイティブ音声を用いた『音読』や『シャドーイング』など、効果的でバランスのよい“音声トレーニング”を実践します。

イメージ画像 イメージ画像

point2

上達のカギは大量のインプット

「読む」「聞く」などのインプットは楽しくわかりやすい英語絵本や音声を使い、単語の文字・発音・リズムなどを身体に刷り込みます。インプットで蓄積した発音や表現が「書く」「話す」などのアウトプットへとつながります。

イメージ画像 イメージ画像

point3

対話型授業でスピーキング

相手の言いたいことを理解し、自分の言いたいことを思考して、話す。会話のキャッチボールや伝え方は、「ペアワーク(対話練習)」や「プレゼンテーション」を通して学びます。英語も日本語と同じ言語、使うことで使えるようになります。

大学入試共通テストの「英語」で求められるものは実践的な英語力と表現力

  • 1
    コミュニケーション
    想定した英語が必要
  • 2
    多彩な表現力
    求められる
  • 3
    思考力・判断力
    重視される

例えば、大学入学共通テストの英語も、リーディング・リスニングともに
コミュニケーションの場面を想定したより実践的な問題に変化しています。
英語を“言語”として意識した出題では、相手の言いたいことや文章の要点を意識することが大切です。
これまでより知識量が増える他、言い換え表現への気づきや、
さまざまな英語表現に触れる演習も対策として必要になります。

対 象
小4・小5・小6
実施日
12/4(土)
(※岩手県・秋田県・徳島県は12/5(日)実施、栃木県・新潟県・大分県は校により異なります。)
時 間
60分
費 用
無料
持ち物
筆記具(鉛筆・消しゴム)・英語辞書(お持ちの場合はご持参ください。)

過去のイベントの様子

イベントの様子写真
イベントの様子写真
イベントの様子写真
イベントの様子写真
イベントの様子写真

検索結果

選択内容

イベント
Crazy Theme Park 暴走する遊園地を止めよ!
日 時
{{resData.eventdate}}
校 舎
{{prefname}} {{resData.place_name}}
学 年
{{resData.view_schoolyear}}