これからの塾を選ぶための「8つのチェックポイント」

  1. Q1.通塾時間に無理はない?

    A1.
    6年生になった時のことを想定すると、通塾に時間がかかりすぎるのは大きなマイナスとなります。ドアtoドアで30分以内が理想、遠くても50分以内が目安です。ただし、近いだけで塾を選ぶことは本末転倒です。よりお子さまにあった塾を選んで、遠方へ通っている方も多くなっています。
    能開は…
    能開はほぼ全校が駅前にあり、電車やバスでの通塾に便利な場所にあります。登校時間には、担当が入り口前などに立ち、安全管理などを怠りません。また、授業終了後は駅の改札など、校によって規定の場所までお子さまを送り届けることで、通塾における保護者の方の不安を解消します。
  2. Q2.担当の講師にすぐ相談できる?

    A2.
    実際に通い始めると、子どもの学習の様子が気になるもの。そんな時に、すぐに担当に相談できる環境がありますか? 実際に受け持っている担当とは話ができず、的確なアドバイスがもらえないそういった環境では、せっかくのお子さまの成長のチャンスを逃してしまいます。
    能開は…
    能開は創立以来の伝統である「クラス担任制」をしいています。そして、その「クラス担任」が保護者がいつでも相談できる窓口となることはもちろん、お子さまの精神的なフォローや面談にもあたります。なお、毎年定期的に講師に対する「授業アンケート」を実施し、保護者やお子さまの声を速やかに反映させる体制を整えています。
  3. Q3.質問体制は整っている?

    A3.
    中学受験に向けた学習は、6年生ともなると大変難しいものになっていきます。また、子どもたちは気まぐれで「わかりたい」と思ったときに質問ができないと、やる気がそがれてしまいがちです。そこで重要になるのは、質問体制です。「質問教室」の設置はあるか。その「質問教室」にどれくらいの費用がかかるのかなども調べておく必要があります。
    能開は…
    学年ごとに、授業後や土曜日に無料の「質問・自習教室」を設定し、子どもたちの「わかりたい瞬間」を逃さないようなしくみを作っています。もちろん、自分では質問をしにくい生徒には、こちらからアプローチすることで、自主的に質問できるように指導する環境を整えています。
  4. Q4.中学受験に対する情報力は高い?

    A4.
    お子さまの受験校選びは、最も大切な要素です。中学受験は併願校もあわせて考えると、複数の府県にまたがっての情報収集が必要になります。「自分の子どもに合った中学って、どう選べばいいの?」「学校のレベルがよくわからない」などの疑問にしっかりと答えられる行事や説明会を定期的に実施する塾を選ぶことは大変重要です。
    能開は…
    能開を運営するワオ・コーポレーションは全国37都道府県にネットをはっており、中学受験に関する情報力は他の追随を許しません。また能開主催の「私立中学教育講演会」やブース形式で学校の話が聞ける「私立中学入試セミナー」、「能開生のためだけの特別学校見学会」など、保護者の方に情報を提供するための機会を重層的に数多く設けています。
  5. Q5.入試問題に対する研究・分析力は鋭い?

    A5.
    テキストやテストを作成するに当たって、入試問題を分析する力は大変重要です。塾ごとに2月~3月にかけて、入試分析会が行われるので、その際の資料に目を通し、どのような機軸で分析をして、また、それがどのような形でテキストや授業に活かされているのかを確かめてみるとよいでしょう。
    能開は…
    能開の入試分析は近畿圏私立31中学の入試問題1問1問すべてに精緻な難易度指数をつけ、それぞれの学校でどの問題が合否分岐に関わったのかを徹底的につきとめます。毎年2月には「私立中学入試分析会」を全7会場で開催いたします。また、分析結果をテキストやテストにフィードバックし、「合格への最短距離」を追求しています。
  6. Q6.テキストやテストは一人ひとりにあったものになっている?

    A6.
    中学入試本番というゴールは共通でも、学校の難易度はさまざま。それなのに、全員が同じレベルのテキストを闇雲にやることは非効率です。近畿の私立中学校に向けた効率の良いオリジナルのテキストと、それにリンクした力試しのできるテストが、きちんと整備されているかを確かめましょう。
    能開は…
    能開は入試分析に基づいて算数の教材を5レベルに細分化した6年基幹教材「算数大全」を研究・開発しました。自分にあったレベルの教材に集中的に取り組むことで、一人ひとりに確実な力をつけます。また、他の教科・学年のテキストも同じように作られており、すべての学年に効率的な学習を提供しています
  7. Q7.合格実績は?

    A7.
    まずはお子さまを進学させたい学校への合格者数が多いかどうかです。
    「数」が多いということはその学校の入試問題に対するノウハウを多く持っていることを意味します。ただし、「数」だけで判断するのも早計です。単に受験者が多いだけということもありえますので、受験者が何名だったのかも聞いてみることが大切です。
    能開は…
    能開では「数」ももちろん大切ですが、「合格率」にもこだわります
    能開センターでは、「灘特訓」「東大寺特訓」「星光特訓」「清風南海・四天王寺特訓」などの「志望校別特訓」を設置し、本番に強い受験生を育成しています。
  8. Q8.指導者が理念を持って教えている?

    A8.
    最終的に望むのはお子さまの幸せです。多感な時期である小学生にとって、塾側がどのような理念を持って、お子さまを見つめているかどうかはとても大切なこと。中学受験に合格したもののその後、燃え尽きてしまっては意味がありません。その塾の持っている、中学受験を通してどのような子どもを育てようとしているのかという教育理念を確認しましょう。
    能開は…
    能開では、入試に合格させることに全力を尽くす一方で、合格後の生徒の姿を思い浮かべながら指導に当たっています。中学受験という経験を通して、前向きに学習する姿勢や計画性を持った学習などの、その後、伸び続けていくための大きな財産をつくっていくことも、小学生をお預かりするうえで大事な使命だと考えています。