コース紹介/中学受験

コース責任者・主任より

中学受験部門責任者

川原 勝壽

中学受験合格を目指しての学習、中学受験が必ず通らなくてはならない道ではないだけに、決して楽な道ではありません。でも、そこにチャレンジすることで得られるものも大きなものです。自分にあった学習方法、学びの楽しさ、達成感、それらを知って中学でまた大きく羽ばたいてほしい。そんな想いを持って中学受験部門スタッフ一同、指導に当たっています。ぜひ、志を持って一緒に合格を目指しましょう。

大分県中学受験部門算数科主任

江藤 勇樹

私が授業をしていて最も嬉しいのは、生徒が目を見開いて「そっか!」と理解した瞬間です。中学受験算数は、そんな驚きや発見に満ちた楽しい科目なのです。能開センターの算数指導は、学ぶことの楽しさを伝えながら、全国レベルの教材とカリキュラム、そして質問教室「カリキュラム特訓」など万全のサポート体制で、お子さまの志望校合格を実現していきます。

大分県中学受験部門国語科主任

山内 一樹

文章の内容理解を学習する機会は多いですが、文章に対する問題に解答する機会はあまりないのではないでしょうか。読書量や速読だけでは決まらない、解答の根拠を持った確かな「読解力」を持つためには、相応の訓練が必要です。能開センターでは、問題の種類ごとにパターン化された演習を通し、「語彙力」とともに「読解力」を向上させていきます。あらゆる科目にも通じる「読解力」をつけるため一緒に勉強していきましょう。

設置コース・講座の紹介

有名中受験コース

  • 小3
  • 小4
  • 小5
  • 小6

附属中・向陽中・大分中・岩田中合格を目指す!

大分大学附属中学、向陽中、大分中、岩田中などの中学受験に必須のテーマについて、(小学校の授業内容を超えて)基礎から応用レベルまで無理・無駄なく引き上げ、豊富な演習量でより確実に加点できるよう定着させることを主眼とするコースです。このコースは、到達点を受験合格のさらにその先に置き、学習内容だけでなく、学習法・学習の楽しさ・達成感などを体感できるような学習設計をするとともに、家庭学習を提案します。解説を聞いて、その場で使いこなす演習をする。そして自宅でもう一度練習する。そして翌週のゼミの冒頭のテストで達成度を確認し、抜け・漏れをフォローしながら発展テーマにレベルアップする。この一連の循環で学力を伸ばしていきます。受験本番に向けて万全の体勢と、その先でのトップレベルを目指して、授業を展開します。

別府校は小4~6のみ。

目標志望校

附属中、向陽中、大分中、岩田中、豊府中

実施校

豊府中受検コース

  • 小6

豊府中を第一志望にしている人のためのコースです!

豊府中学合格のためには、教科力をベースに、学力検査とは異なる適性検査に対応する力が必要です。また、豊府中は大分大学附属中と同日入試になっていますが、定員120名に対し、約250名の受験者を集めます。この倍率を突破するためにも、しっかりとした受検対策が必要です。豊府中受検コースでは、週2日の授業を教科力対策を行う日と、適性検査対策を行う日とに分け、それぞれテーマを持って授業を実施しています。教科力対策では、算数、理科、国語について小学校内容を少し上回る内容で各教科の学力を高め、適性検査対策では、「記述」に力点を置き、自らの意見をまとめ、伝える練習を行います。また、この毎週の授業に加え、春、夏、冬の講習会と年3回の集中特訓での集中授業でより実戦力を高め、合格へと導いていきます。

目標志望校

豊府中

最難関中受験コース

  • 小5
  • 小6

全国最難関中合格を目指そう!

灘中・東大寺学園中やラ・サール中・久留米大附設中など全国最難関中学合格を目指す人のためのハイレベルクラスです。応用・発展レベルの学習をもとに、記述・論述・論証などの高難度な問題形式にも積極的に取り組み、豊富な知識量・深い思考力獲得をねらいとします。
小5からテーマごとに深く掘り下げ、小6でローリング(繰り返し)を行いながら、テーマ複合問題を主体とした入試総合演習に取り組みます。ゼミでの授業準備のみならず、毎回の復習をしっかりやり切れる強い意志が必要です。なお、テキスト、カリキュラム、テストシステムは有名中受験コースを同じです。ただし、同じカリキュラムを進むうえでの、学習深度が違います。このコースはかなりのハイレベルまで踏み込んだ内容の学習をしていきます。

目標志望校

近畿圏の灘中・東大寺学園中をはじめとする最難関中学やラ・サールや久留米附設中を目指す

実施校

関連イベント

その他のコース

  • facebook
  • twitter
  • line