高校受験コースの教科指導方針 [中学生]

英語

文型の理解を軸に文法問題から長文問題までを攻略

● 中1・2・3ゼミテキスト

能開の英語指導は、高校・大学受験の入試傾向もしっかり見据えながら、「品詞」・「文の要素(主語・動詞・補語など)」という基本概念から、あらゆる文法の土台となる「語順」や「文型」の理解を軸に、幅広いレベルの文法問題から長文問題まで柔軟に対応できる能力を伸ばすことに主眼を置いています。「文型」の理解を深めるために、単元ごとの関連性を重視し、体系的かつ効果的に各単元の本質的な部分に触れていきます。

授業で学ぶ文法事項や新出の語彙を含む重要構文などは、週テストを通じて完全定着をはかります。これらの重要構文を繰り返し徹底的に声に出して読み・書きをすることで記憶の濃度を高めていきます。また、宿題では、授業で得た知識を駆使してさまざまな形式の問題を解いて、定着度合いを高めながら、実戦力を身に付けていきます。

さらに受験学年の中3や中1・2の上位クラスにおいては、長文読解のための指導を行います。中学指導要領では学習する語数は約1200語あります。最難関の高校となると長文もさらに長くなり、語彙の数もレベルも教科書と比べものになりません。高校受験の先の大学受験まで考えれば、語彙を増やすことはもちろん、国語のようにジャンルに分けて読んでいくことや、論理チャートを作って長文を攻略していくことも必要になります。クラスレベルに応じて、文法的な要素に加え長文指導も行っていきます。

また、英語の定期テストは教科書を暗記することなしに高得点を取ることはできません。定期テストの対策として、教科書の本文や重要例文を暗記できるくらいまで徹底して演習するなど、しっかり得点できる学習法を身に付けていきます。

数学

「分かる」から「できる」を導くためのよいサイクルを生み出す

● 中1・2・3ゼミテキスト

数学が苦手な子どもたちの傾向として「授業中は分かるのに、家に帰って宿題をしてみると解けない」や「数字や文章が少し変わると分からなくなる」ということがよくあります。その結果、「宿題ができない→疑問点を抱えながら次の授業で新しいことを習う→分からないことが増えていく→数学が嫌いになる」といった負のサイクルに陥ります。その最も大きな原因として、授業での解説を聞いて「分かった」ことで満足し、そこから「できる」までの作業がしっかりできていないことが考えられます。

毎回の授業では、まず各単元の原理・原則の解説を行います。ただし、ここでは一方的な解説ではなく、原理・原則の理解を深めていけるよう、自らの頭を使い深く考えさせる事に主眼をおいて指導しています。そして次に、入試で基礎となる問題「入試頻出問題」の解法を伝授していきます。最後に、自ら「できる」ようにするために類似問題の演習を行います。この「分かる」から「できる」の変換をうまく行えるよう、解説→演習の訓練を何度も繰り返します。そしてクラスに関わらず「考え方」をノートに残す指導を徹底しています。宿題では授業で学んだことを徹底的に「復元」する練習をします。この「復元」する練習こそが、定期テストや高校入試での得点力を高めることにつながるのです。

このような良いサイクルを生み出すために能開の数学指導では、別の角度からの解き方で思考を深めたり、他の生徒の深い思考過程を垣間見ることでやる気とライバル心を喚起させたりと、一斉授業でしか体験できない知的感動の場を体験できるようにしています。

そして、その知的感動を自宅に持ち帰り、次回は自分も新たな解き方や考え方へ挑戦しようという良いサイクルをつくり、「分かる」から「できる」への学習習慣を完成させていきます。上位クラスについては、入試頻出問題以外にも、思考力を試すような問題にも挑戦していきます。どのようにアプローチすればよいか分からない問題を時間をかけてじっくり考え抜くことは、大学受験の難問にも耐えうるだけの思考力を付けてくれます。

また、数学の定期テストは、能開で単元学習をしてきた内容の総復習的な場としてとらえ、普段の演習と解説を繰り返して、単元内容を完全に理解した上で高得点を目指せるよう、授業そのものが対策となるように指導していきます。

国語

語彙力の強化と要旨書きを通じて読解力を養成

● 中1・2・3ゼミテキスト

国語の入試問題で問われるのは、子どもたちにもともと備わっている日本語能力だけとは限りません。文章を読むスキルや漢字・語句・文法といった知識事項であり、それらはしっかり学習すればできるようになるものです。どんな子どもであっても、努力しさえすれば身に付けることができます。

読解問題については、文章のジャンルごとに適切な題材を授業で扱い、その素材文を通じてさまざまな世界観に触れていきます。本文を読み「読めない漢字」や「知らない言葉」を漢和辞典や国語辞典を用いて自分で調べてノートにまとめます。いくら数多くの素材文に出会っても、本文中に「読めない漢字」や「知らない言葉」があっては内容を理解することさえできません。多くの素材文に触れ、しっかり意味を調べることで知識量を増やし語彙力を強化しながら、素材文の内容を正しく理解できる読解スキルを高めていきます。

また、素材文の内容を理解するだけでなく文章を書くという観点から「要旨書き」の指導を行います。はじめは、文がうまくつながらないこともありますが、何度も書き続けることで「文章を書く」ということに慣れてきます。それが結果的に、素材文の要旨を捉えるということにもつながってきます。

一方、漢字・熟語・語意・慣用句などの言語問題や敬語・品詞など文法問題は、「実力テスト」などでは比重が大きく、時間をかけて理解を進めるテーマになります。言語問題や文法問題についても、単元ごとに演習・解説を行います。また、国語の定期テストに向けては、教科書の内容も一つの素材文として要旨をしっかり捉え、付け焼刃とならないようにするだけでなく、得点できる部分を確実に繰り返し問題演習するといった学習法を徹底させます。

理科

効率のよい要点整理と豊富な演習量で理解を深める

● 中1・2・3ゼミテキスト

理科は、そのテーマの原理・原則をある程度理解していないと演習ができず、学習の要点の説明に時間がかかる教科です。能開では、効率よく概要を説明し演習時間を少しでも多く確保するため、要点を整理するノートづくりを徹底しています。

そして授業では、仮説を立てる、分析・解釈する、説明するという時間を多く確保し、さまざまな問題への対応力を磨きます。また、上位クラスでは、難解な入試問題を解いて実験のあらましや原理・原則の核心に迫ります。そのような授業展開で、さまざまな科学の原点を学べるようにしています。

そして、理解度や定着度の確認のため週テストを行っていきます。また、理科の定期テスト対策では演習を中心に、これまで学習してきた内容の総復習をし、単元内容の理解の取りこぼしがないように集中的に学習できるよう指導しています。

社会

情報を処理し解答を導き出す力を養成

● 中1・2・3ゼミテキスト

社会は、世界の国々の情勢や歴史的新事実の発見、政治経済の動向などが授業に直接結びつき、日々刻々とその学習内容が変化する、いわば生き物のような教科です。もちろん、いつの時代も変わらない、どの時代でも教科書で紹介される、基礎的な知識の学習も欠かせません。

それらの「机の上で学ぶ知識」と、今、子どもたちの周辺で起こるさまざまな事象とが、どう関連しあっているのかを分析できる力、つまり情報を処理し解答を導き出す力が身に付くように指導しています。学校進度や内容も見据えながら、中1・2で地理的分野・歴史的分野、中3で歴史の一部と公民的分野を学習します。重要な用語や知識の確認は、週テストで行います。

社会の定期テスト対策では、これまで学習してきた内容の総復習をし、単元内容の理解の取りこぼしがないように集中的に学習できる方法を伝授しています。

  • facebook
  • twitter
  • line