中学受験コースの教科指導方針 [小学生]

算数

試し、考え、楽しむ算数から、実戦ノウハウまでを伝授

算数はその学習過程で、数理的な処理の面白さや図や比に置き換える便利さに気づき、試行錯誤する楽しさを実感できるよう指導しています。中学受験の難しい問題を制限時間内にクリアし、得点に結びつけるには、過去の学習内容をひも解いて、いかに速く解法に気づけるかが大きく関わってきます。その気づきを育てるために「試し、考え、楽しむ」ことが何よりも大切なのです。また、長年にわたって蓄積されたデータや経験に基づき、「受験に強い問題の解き方」が体得できるよう指導を行っています。

各学年の指導ポイント

小3・4では

小3では、計算・規則性・場合の数・図形など、テーマごとの学習を通して「目で見て、手を動かして、頭で考える」という思考過程を身に付けるための初期訓練を行います。問題そのものは平易ですが、正解に至るまでのプロセスを重視することで、学習面における「躾」を徹底します。
小4では、本格的な文章題の学習が始まり、「線分図」「面積図」を使った問題の解き方を繰り返し学習することで、「目で見て、手を動かして、頭で考える」という思考過程の土台を固めます。小3で経験した計算・規則性・場合の数・図形などのテーマをさらに発展させた学習を小4で行い、小5・6の本格的な受験準備につなげていきます。

小5では

小5では、入試頻出テーマをひと通り学習することを目指し、倍数・約数、分数の計算からスタートして、割合と比・速さ・図形・場合の数・規則性などのテーマを標準的な入試問題レベルで学習します。小5の1年間で「目で見て、手を動かして、頭で考える」という思考過程の体得も進み、「受験生らしい問題の解き方」が少しずつできるようになります。小5の終了段階では、標準的な入試問題を解くのに必要な各テーマの知識が概ね備わり、算数の問題を解く際に「間違った動き」はほとんど見られなくなります。

小6では

小6では、得点力アップが最大の目標になります。小5で学習した入試頻出テーマの反復学習による頻出問題の徹底学習とともに、レベル・切り口を少しずつ調整しながら、幅広い角度で問われることが多い入試問題への対応力に磨きをかけていきます。後半は入試実戦演習を通して、受験生としての完成形を目指します。この時期には「問題を読みながら条件に応じて線分図・面積図・状況図・表などを書き、頭の中にある思考そのものを視覚化してから、最適な解法を探る」という「受験に強い問題の解き方」ができるようになっていきます。

小3・4・5ゼミテキスト

小6ゼミテキスト

入試分析に基づき、問題をレベルごとに配置。
詳しい解説付きです。

国語

言葉で思考し、言葉でコミュニケーションする力を養成

国語の入試問題では、文章を読んで内容を理解し情報を整理する「読解処理」と、それに基づいて解答を探す、選ぶ、表現する「解答処理」という二つの処理能力が求められます。そしてその底辺を支える「語彙力」も見逃してはならない要素です。各学年とも「少し背伸びをする必要のある文章」に接することで、語彙力をつけると同時に「読解処理」の力を磨きます。また、「解答処理」では記述問題をしっかりと書くことが合格へのカギとなります。独自の難度指標に基づき、「読解処理」と「解答処理」の難度を徐々に上げていきながら、これらの力が無理なく身に付くよう指導しています。

各学年の指導ポイント

小3・4では

小3・4では物語文・説明文といった基本的な文章の学習を進めるとともに、伝記・報道文・記録文・詩といったさまざまなジャンルの文章に触れ、読解処理の基本を身に付けます。両学年とも「少し背伸びをする必要のある文章」に触れることで、「難しい」と感じる文章を「かみ砕く力」を養います。また、記号選択、語句や文の抜き出し、記述問題、と段階を追って練習し、解答処理の力の基礎をつくります。また、小3よりサブテキストの「ことばの学習」「漢字ドリル」を使って、文法・漢字・熟語・ことわざ・慣用句を体系的に学習し、語彙力を増強していきます。

小5では

小5からは入試問題レベルに近い文章に触れながら物語文・論説文・随筆の各ジャンルの「読解技法」を完成に近づけます。そして読解技法を知った上で良質の文章を数多く読み、「心情把握」「因果関係」「言い換え表現の理解」などそれぞれの「問い」に必要な情報の取捨選択の仕方を学習し、その練習を繰り返すことによって読解処理の力を磨きます。また同時に、文章内容との比較により解答を選択する選択肢問題、文章中の解答部分を効率よく探すことが要求される抜き出し問題、そして解答を自分で作成する記述問題にそれぞれ難度を順次上げながら取り組むことにより解答処理の力も強化します。

小6では

小6の前半には入試に必要な「読解処理」「解答処理」の手順をすべて学習します。小6の夏休み以降は、入試実戦演習を通じて限られた時間内での読解処理と解答処理を練習し、得点力へと結びつけます。さらに独自の難度指標を基に体系的につくられたゼミテキストを使い、これまで培ってきた読解処理と解答処理の力を精錬し、入試問題への対応力を完成させます。

小3・4・5ゼミテキスト

小6ゼミテキスト

記述問題の解答方法が詳しく紹介されていて、
長文読解のポイントがつかめます。

理科

自分の頭で考え、判断する力の養成

中学入試の理科に必要な知識は、約2500項目以上あり、その約6割が、私たちの身近に見られる事象に関するものです。しかし小学生にとっては現実感に乏しく、大量の知識を詰め込んでも記憶の断片として残るだけに終わってしまいます。この「理科用語」の多さに比べると「科学を構成している原理」はシンプルなものです。複雑そうに見える外見にとらわれずに「原理」を見抜けば、もつれた糸をほぐすように関連する「理科用語」を理解しやすくなります。
能開センターでは、子どもたちの実体験を動機づけに活用し「なぜ?」で思考をゆさぶりながら「体験学習」を「体系学習」に結びつけていきます。

各学年の指導ポイント

小4では

好奇心旺盛な小4で重要なことは、科学的な事象がさまざまな原理原則に基づいて成り立っていることに気づくことです。子どもたちが体験したことを科学的に見直しながら「筋道を立てた考え方」「事柄の共通点・相違点や事象の法則性への気づき」などの科学的な視点を養います。

小5では

抽象的な思考が可能になる小5では、仮説を立て、実験方法を考えて作図し、結果を図表に表現できるように指導します。物理や化学を多めに学習し、事象の原理を論理的に捉えます。苦手意識を持ちやすい単元も多いため、「知的好奇心」を意識した授業を行います。

小6では

前半では「原理」の理解を再確認し、大単元ごとの学習で総復習を行います。後半では、入試実戦演習などを重ねていくことで、複数の原理が複雑に絡み合った難問から生物分野を中心とした基本知識まで、合格点をとるために必要な力を身に付けていきます。

小4・5ゼミテキス

小6ゼミテキスト

重要語句や原理原則のポイントが、分かりやすく解説されています。

社会

社会生活を営むための知恵と知識を養成

社会科の入試問題は、地理・歴史・公民の3分野に分類できます。地理分野では地域に密着したものから日本と関わりのある国との貿易やその国の文化などの知識が、歴史分野では日本史を中心に近隣の国々との関わりが、公民分野では日本国憲法などの国内に関すること以外に国際連合の知識やODA・NGOなどの世界貢献といったグローバルな視点が必要となります。
社会生活を営む上で必要な「知恵と知識」から、日本の政治や世界の国々との関わり、社会福祉や情報化などという世の中の具体的な動きにまで、子どもたちの目を向けさせるよう指導しています。

各学年の指導ポイント

小5では

前半は地理を学習します。都道府県の特色や、農業・工業・水産業の産業についての知識を身に付けます。さまざまな角度から日本という国を捉え、貿易や地球環境の問題を通しての世界と日本の関わりについて考えさせるなど、視野と知識に広がりを持たせます。後半は歴史を学習し、時代の流れとともに、歴史を動かした人物にスポットを当てながら、それぞれ の歴史の社会背景も学んでいきます。

小6では

前半は、地理・歴史を異なる切り口で復習した後、公民分野の学習を進めます。後半は、地理・歴史の融合問題や統計資料の読み取りなど、近年の入試問題に直結した実戦演習を行い、入試問題への対応力を強化していきます。時事的な問題に関しても「時事問題集」を用いて、世の中の動きに関する問題の総仕上げを行います。

小5・6ゼミテキスト

社会科資料集

出題率の高い図版や年表などが、ビジュアルつきで丁寧に説明されていて理解が深まります。

  • facebook
  • twitter
  • line