責任者からのメッセージ

私たちは「自ら学ぶ」の姿勢の育成を常に心がけています。

大阪府責任者

池森 英雄

社会に出てからは、活き活きと活躍できるかどうかは、①自ら課題を見つけ、その課題の解決のために力を尽くすこと、②自ら道を切り拓こうとする意志と実行力を持つことがカギとなります。

志を高く持ち、自ら学び、自ら考え、自らの判断で行動できる人物の育成。
──私たち能開センターの教育理念です。

自ら課題を見つけ、その解決のために力を尽くす、つまり自ら道を切り拓く、そんな意志や行動力。これこそ、小学校から中学校、高校、大学へと進むにつれ重みを増し、社会に出た時そこで活き活きと活躍できるかどうかを左右する重要な力であると考えます。

ITやAIの目覚ましい進歩発展に代表されるように、科学技術や産業社会の変化はとてつもなく早く、そして大きく激しくなっています。未来を生きる子どもたちには、そこでも一人ひとり夢に向かって思う存分に力を発揮し、社会に貢献できる人物になってほしいと心から願います。

もちろん、子どもたち自身と保護者の皆様がいま第一に求めるのは「学力の向上」や「志望校合格」にほかなりません。私たちは、入試や学校情報の徹底的な収集と分析、それらに基づく指導システムの構築と更新、また授業その他の一つひとつの具体的な指導を通して、そのご期待に応えてきました。

その一方で、私たちは子どもたちに「自ら学ぶ」「学習し続ける」姿勢を育むことを常に心がけてきました。授業内外での子どもたちや保護者の皆様への働きかけにおいて、さらに教材・テスト制作・情報提供など私たちの教育活動全般にこの考え方を反映させています。

私たち能開センターが日本各地で多くの支持をいただくことができ、また今や卒業生の多くの方々が社会の各方面で活躍されているのは、目の前の受験合格にとどまらずその先をも見据え、「学習姿勢」と「本物の学力」の育成に力を注いできた賜物であると自負しています。

だれも未来の子どもたちを取り巻く環境がどのような世界となっているかは見通すことができません。しかしながら、小学校から中学校、高校、大学という学齢期・学生時代だからこそできる、またそこでしかできない一回切りの大切な学びがあります。私たちはこれを通じて、お子さま方、保護者の皆様をしっかりとサポートしていければと考えます。

  • facebook
  • twitter
  • line