いずみ校

  • 中学受験

 

校舎情報

住所 〒594-0041
大阪府和泉市いぶき野5-1-14 エコールいずみ東館 3F
アクセス 泉北高速鉄道 和泉中央駅より徒歩1分
電話番号
  • 中学受験

    [小2・3・4・5・6]

0725-50-0100

電話受付 14:00~20:00

イベント情報

校舎のイベント

指導者

いずみ校責任者からのメッセージ

いずみ校責任者

佐々木 康明

能開の算数では「得点」と「授業や練習」、その両方ともを大事にします。得点は受験にこれなくして合格できないからです。授業(学ぶ姿勢)や練習(習得修練)をおろそかにしないのは受験生を超えて人間として必要なものだからです。
テストの失敗には理由があります。たまたま良い成績はあっても、たまたま悪い成績はありません。必ず原因があります。それを発見し治療する術をいずみ校スタッフは持ち合わせています。

いずみ校副責任者

筒井 伸和

受験生が100人いれば合格への道もまた100通り存在する。
これが昭和の時代から中学受験に携わってきた私の持論であり、日々大切にしているモットーです。無理・無駄のない合理的な教科指導はもちろんのこと、お子様ひとりひとりの成長段階やキャラクター、保護者の方々のお考えとも真摯に向き合い、お子様ひとりひとりのためのより良い受験準備および受験の伴走者として全力を尽くして参ります。ご安心してお任せください。

 

河野 嘉一

能開センターの最大の特長は、受験が終わった後の子どもたちの姿を目標に指導していることです。
計画的に勉強し、知的好奇心を持ち、中学入学後も燃え尽きることなく、夢に向かって前向きに勉強できる子に育って欲しい。中学受験という体験が、その後の人生における大きな財産として活き続けてほしいと願っています。そして、その願いを実現するために、学習面だけでなく生活面でも全力でサポートしていきたいと思っています。

 

齊木 隆司

私たち能開センターの指導スタッフは、「子どもたちを変えたい」と考えています。《知的好奇心》を引き出し、子どもたちに勉強が楽しいと言わせたい。ノートの取り方・宿題のやり方といった《能開式学習方法》を伝え、自ら実践できるようにしたい。たくさんのことをお伝えすることはできないかもしれません。しかし、「できた!」という小さな喜びを積み重ねる、正しく合理的な学習方法を身につける、という日々の取り組みを通じて、子どもたちの学習生活全般を「変える」ことにつながっていくことを願ってやみません。そして、卒業生たちの学習生活の根底にもそれらが脈々と流れ続けていくことを信じて、その後姿を見守っていきます。

 

戸倉 一

主に受験学年の国語を担当しております。国語の力は、漢字力、語彙力、常識力、文章を大きくつかむ内容整理の力、それらを元にした文章理解力、解法パターンの習熟など、様々な要素が絡み合って成り立つものです。読解においては、解法など特定の要素に偏らず、総合力を養うこと、家庭学習に頼らず授業内で教え切ることを心がけています。
ある瞬間に突然覚醒する生徒は思いのほか多いものです。ともに頑張らせてください。

 

松藤 智

中学受験という一つの目標に向かい、家族に支えられながら、共に学ぶ仲間たちとともに多くの困難を乗り越えていく中で、子どもたちは学習面だけではなく、様々な経験を自分の中に取り込み、驚くほどの成長を遂げていきます。
周囲の人々からのいろいろな刺激、多くの経験を通じて、子どもたちが、どのタイミングでどのように変化していくのかは個々に違っています。子どもたちの大きな成長を楽しみに、全力で指導していきます。

 

安川 善人

私たちはこの地球上でありとあらゆる科学現象に包まれて活動していますが、案外そのことには無自覚に過ごしています。でも、それらのさまざまな現象のしくみやきまりに気付くと、子どもたちは「へぇーっ!」と目を輝かせて驚きます。これぞセンス・オブ・ワンダーです。一緒に科学のワンダーランドを楽しみましょう!

 

安田 翔子

「わかった!!」と目を輝かせ、「出来た!!」とガッツポーズする子どもたち。教室中にあふれる爽快感や達成感。こどもたちのそんな「楽しい!」プラスのエネルギーを大切にしています。能開センターでたくさんのことを知り、学ぶ面白さを体感してください。難問が現れたとき、ぜひ一緒にわくわくしましょう。そして、屈することなくみんなで一緒に戦いましょう。
切磋琢磨、それを実践した者が受験の覇者になります。

 

山辻 奈保

国語は文章を読むだけではなく、問題の答えとなる部分、ヒントとなる部分がどこに書いてあるかをしっかりと理解することが重要です。因果などの前後関係を意識できるよう働きかけ、「先生、わかった! ここに『はずんだ足どり』って書いてあるから、この登場人物はうれしくなったんちゃう!?」と、お子さまが気づける指導をしています。
「国語は楽しい! 文章を読むって楽しい!」と感じ、積極的に参加していける授業を展開します。