天王寺校

  • 中学受験

 

 

 

校舎情報

住所 〒545-0052
大阪府大阪市阿倍野区阿倍野筋1-4-7 Gビル阿倍野01 5F
アクセス 地下鉄御堂筋線5号出口すぐ
電話番号
  • 中学受験

    [小2・3・4・5・6]

06-6630-7123

電話受付 14:00~20:00

イベント情報

指導者

天王寺校責任者からのメッセージ

天王寺校責任者

泉 貴士

中学受験は、子どもたちが自らの力で走り抜けなければならない長くて厳しい道のりです。同じ走るなら、苦しみながらではなく、楽しみながら走る方が良い結果になるものです。ただ、楽をしていると良い結果は生まれません。
「“楽して”学ぶとダメになる。“楽しく”学ぶとタメになる!」をモットーに、熱く、厳しく、そして楽しい指導で、子供たちが挑む「長くて厳しい道のり」をともに走る「伴走者」としての役割を全うしていきたいと思います。

天王寺校副責任者

川野 昌彦

中学受験と対峙し、これを乗り越えることで、子どもたちは本当にたくさんのことを学び成長できるということを、私たちは長年の経験から学んで参りました。能開センターでは「中学受験をして良かった!」と実感していただけるような、また、その後の学習や生活の基盤になるような指導を日々実践して参ります。
さらに、中学受験に向けて取り組む中で生じる多種多様な不安やお悩みに対しても、全力で対応させていただきます。どうぞご期待ください。

 

池田 知弘

算数は、問題文にちりばめられている情報のかけらを整理し、組み合わせながら完成に近づけていくジグソーパズルのような楽しみがある教科です。とはいえ、時間が無制限にあるわけではありませんので、効率的に完成に近づけるテクニックも重要です。
楽しみと効率の程よい中和点探しをする中で、子どもたちが新しい発見をしたときに見せる表情や、心にスイッチが入ったときに見せる目の輝き、これを励みに私も日々精進してまいります。

 

井上 雅夫

算数は小学生に特有の科目です。数学のように文字式を使わなくても正解できる楽しさがあります。入試問題は学校から受験生に向けてのメッセージ。日々の学習姿勢と蓄えられた学力を測るものになっています。
学力は基本の積み重ねです。授業では公式の背景にある考え方や基本的な解法の理解を進めるために、できる限り解説を視覚化していきます。そして記述式答案の訓練で、入試で合格点の取れる算数を目指します。ともに頑張りましょう。

 

岸本 裕貴

難関中入試では、受験生の「思考力」を試す問題が増加しています。未知の問題に挑み、自分の学習経験をもとにぐいぐい解き進められる受験生を育てたいと思います。
自ら思考できる受験生に育むべく、私たちは教え過ぎずに子どもたちに発見させます。「目からウロコ」の体験、できたときの達成感、「もっと」という好奇心を引き出すことを強く意識し指導しています。こうして身につけた力は受験後の人生をも助けてくれると信じています。

 

小林 幸太

何かに集中してがむしゃらに取り組むことは、成長過程にある子どもにとってとても大切な経験です。けれどこの「がむしゃら」も、生活圏が広がり関心や行動の選択肢が増えるとともに難しくなります。
今だからできることがあります。中学受験がそうです。小学生のうちに、同じ目標を持つ仲間と一緒に切磋琢磨し、真剣に努力する貴重な時期を一緒に過ごしませんか。「あの頃、一番頑張ったね」と卒業生たちは満足気な笑顔で訪ねてきてくれます。

 

澤谷 香菜里

わたしたちの身の回りにはさまざまな「なぜ?」「なに?」が溢れています。能開センターでの授業や指導を通して、それらの疑問に気づき、答えに向かって試行錯誤できる子どもたちを育てたいと思っています。入試で出題される難問に対しても、自分で工夫しながら立ち向かえる受験生になれるように鍛えます。
学びを通して「あぁ、なるほど!」と理解できたときの喜びを大切にし、子どもたちの目線で指導することを心がけています。

 

溜 礼加

志望校合格への道のりは、つらく険しいものです。しかしその道のりを楽しむことは可能でありますし、大いに楽しんでいただきたいと思っております。学ぶ喜びを知った子供たちは素晴らしい力を発揮します。中学受験のみならず、その後の人生も自らの力で切り開いていくことができるでしょう。その成長の手助けができるよう、全力で指導をしていきます。すべてを任せてついてきてください。

 

露口 和男

どうしてわれわれは文字情報から現実の世界をイメージできるのでしょうか? それは現実と表現されたものの間にアナロジーが存在するからです。しかし、これを発見するためのルールがわからないために国語に苦手意識を持っている子どもたちは少なくありません。
私たちの母語である日本語の言語技術、言語の四技能(読む・書く・聞く・話す)の鍛錬と、叙述力・論理力の向上に向けて、私たちが手助けをいたします。

 

外村 昌人

身の回りの生物を分類するための着眼点をお話することや身近で起こる現象について、なぜそうなるのかお話しすることで志望校に到達する学力を身につけていただきます。「理科の問題の題材や解法の手がかりは身近にいくらでもあるんだ!」ということを能開センターの授業で体験してみませんか。

 

藤井 亜貴子

受験を通し、学習面、精神面ともに子どもたちは驚くほどの成長を遂げます。私自身も、その様子を側で見守り、支え、そして導くことに大きな責任と喜びを感じています。
「能開センターで受験を経験して良かった」と多くの人に感じていただきたい。そして共に合格を勝ち取りたい。“凜と”入学試験会場の門をくぐるまで、お子さま、保護者の方と三位一体となり取り組んで参りたいと思います。ご相談はお気軽に声をおかけ下さい。

 

三浦 慎吾

学んだこと、教わったことを楽しく習得し、それを将来、社会のあらゆる場面で活かせることができれば幸せなことだと思います。しかし、物事を習得するには困難を伴うこともあります。勉強でうまくいかないこともあります。
能開センターでは、活気に満ち笑いのあふれる授業をダイナミックに展開しつつ、一人ひとりと面談などを通して立ち直る力ややり抜く力を培い、最高の中学受験ができるように導いていきます。ともに頑張っていきましょう。

 

山田 太郎

中学受験国語の学習にとって、「語彙の数」は大事な要素です。ですから、「おしゃべり」なお子さん大歓迎です。とともに、授業では、全員に言葉を発してもらうことに努めます。
言葉を習得するには、まず耳から入れ、知識を整理して口から発するのです。そこに個々人の体験が入って記述や選択肢の正解が導けるようになります。選択肢にもなぜ「ア」なのかの説明が必要ですし、記述にもなぜその「語彙」が必要なのかの説明ができる授業を行います。