梅田校

  • 中学受験

 

 

 

校舎情報

住所 〒530-0012
大阪府大阪市北区芝田2-9-20 学園ビル 8F
アクセス 阪急梅田駅(茶屋町口)より北へ3分 JR大阪駅・地下鉄梅田駅(北口)5番出口北へ5分
電話番号
  • 中学受験

    [小3・4・5・6]

06-6292-6355

電話受付 14:00~20:00

イベント情報

指導者

梅田校責任者からのメッセージ

梅田校責任者

三國 拓郎

今年も多くの受験生が中学受験を経験し、巣立っていきました。毎年のことですが、まだ小学校低学年や中学年のころから一生懸命勉強に励み、そして堂々と試験会場へ向かって行く姿を見ると、胸が熱くなります。
梅田校では、能開センターの受験対策力を最大限に活かしつつ、校としての独自の色を出しながら更なる受験指導にまい進してまいります。
お子様への受験指導はもちろんのこと、保護者の方々への情報共有も密に行い、お一人おひとりが「能開センターに来て本当によかった。」と心から思っていただけるよう全力で頑張ってまいりますので、どうぞよろしくお願いいたします。

 

池田 祐希

「好きこそ物の上手なれ」ということわざがあります。算数を得意にするためには、まずは算数を好きになることが大切です。そして「なぜそうなるのか」という理屈(論理)を理解していくと、どんどん算数の力がついていきます。
「わかったつもり」だけではテストで得点できません。「わかったつもり」ではなく、皆さんが実際に「できる」ようになる授業をじっくり展開していきますので、一緒に算数を頑張っていきましょう!

 

上野 美智子

「先生、解けました!」。子ども達が手を挙げる時、その顔は喜びに満ち溢れ、眼は澄みきっています。自力で解けた喜びが、学習意欲の向上や自信となり、財産となる「知識欲」につながります。「わかる」から「解ける」に至るために必要な「授業の受け方」や「家庭学習方法」の指導と、お子さま一人ひとりの個性や成長過程に合わせた接し方を大切にしていきます。子ども達の「解けた時の笑顔」を引きだすために、努力していきたいと思います。

 

大澤 英亮

「理科は楽しい科目なんだ」ということが実感できるような授業を目指しています。日常のちょっとした現象にも原理・原則がありそれをわかりやすく伝えていければと思います。とにかく理科は好きになってもらえればどんどん成績は上がっていきます。みなさん、私と一緒にがんばっていきましょう!

 

小巻 有子

子どもたちの笑顔が大好きです。初めてのことを知る驚き、自分で考え、できたときの喜び、キラキラ輝く瞳が大好きです。子どもたちの真剣なまなざしに心震えます。入試当日の真っ直ぐな瞳。
「合格するんだ」
ひたすら純粋な曇りのない瞳。幼いキミたちが頼もしい受験生になって、とびきりの笑顔で合格の報告をしてくれるまで、一緒に走り続けましょう!

 

齊木 隆司

私たち能開センターの指導スタッフは、「子どもたちを変えたい」と考えています。《知的好奇心》を引き出し、子どもたちに勉強が楽しいと言わせたい。ノートの取り方・宿題のやり方といった《能開式学習方法》を伝え、自ら実践できるようにしたい。たくさんのことをお伝えすることはできないかもしれません。しかし、「できた!」という小さな喜びを積み重ねる、正しく合理的な学習方法を身につける、という日々の取り組みを通じて、子どもたちの学習生活全般を「変える」ことにつながっていくことを願ってやみません。そして、卒業生たちの学習生活の根底にもそれらが脈々と流れ続けていくことを信じて、その後姿を見守っていきます。

 

島 翔子

「思考力や知識だけでなく、様々な関門を突破しうる忍耐力、精神力も身につけてほしい。なおかつ個性を大事に、のびのびと力をつけていただける授業を」 と心がけています。お子様のご様子について毎日スタッフ同士で語り合い、一丸となってひとりひとりをサポートさせていただきます。また各種教材には、能開センター全校指導陣の力を結集して行う最新の入試分析を活かし、毎年改良を重ねています。ぜひお気軽に、教室や教材を見にお越しください。

 

鈴木 敦士

物語文が読めるということ、それは相手の気持ちを思いやる気持ちを身につけるということ。
説明文が読めるということ、それは知らないことでも読みながら知識をつけていけるということ。
どちらも一生の財産です。
中学受験において、「問題が解ける」ということに目が行きがちになるかもしれませんが、私が大切にしていることは、「読めているから、解ける」ということです。
「うちの子は国語が苦手で……」「本をまったく読まなくて……」「成績の浮き沈みが激しくて……」そんなお子さま大歓迎です。
明るく、元気に、楽しく、かしこく!

 

中野 克己

理科という科目ほど「なぜ?」が大切な科目はありません。授業では「なんで?」「なんでそうなるの?説明して。」と発問し、「なぜそうなるのか」を考えさせ、正しい考え方へと誘います。
大切なのは答えではありません。「なぜそうなるのか」といった、答えにたどり着くまでのプロセスが大切なのです。そのプロセスを楽しませる授業を心がけています。
勉強は楽しいものです。いろいろなことを学べば、いろいろなことを考えることができ、いろいろな道が開けます。勉強を楽しみましょう!

 

西本 良平

中学受験で合格への最短の道は、お子さま・ご家庭・能開センターが三位一体となり作りあげていくものです。「志望校に必ず合格させる」を梅田校の第一目標にして、お子さま一人ひとりと正面から向き合い、しっかりと取り組んでいきます。
また、算数を伸ばす最短の道は算数を好きにさせることです。「なぜ?」を引き出し、「できた!」という達成感と喜びを実感できる授業をしながら、一つひとつのハードルをしっかりと乗り越えられるよう全力でサポートさせていただきます。梅田校のスタッフと一緒に達成感を味わいましょう!!

 

藤井 茂和

子ども達の誰もが持つ知識欲と好奇心をくすぶり、「わかる」喜びの実体験の繰り返しにより、「できる」ことを実感させ、成長につなげていきます。身近にあるさまざまな事象や問題で、解決に向けて展開する思考力と試行力。なぜ?どうして?と本質を分かりたい、知りたい欲求が子どもたちを成長させます。子どもの知的好奇心をくすぶる授業を目指し、原理原則の理解と応用、思考と試行の反復で論理的思考力を養っていきます。自分の力で解決する力の習得に向けて指導に臨んでいく所存です。互いに切磋琢磨していきたいと思います。

 

三浦 卓也

中学受験は小学生にとって、多くの試練や我慢を乗り越えなければなりません。挫けそうになる時期もあるかと思います。しかし、その過程すべてが「成長」の連続と信じ、全力でサポートしてまいります。志望校合格を掴んだ瞬間、その試練や我慢は「して良かった」と感じていただけるはずです。
能開センターには「生徒との距離の近さ」「温かさ」「生徒の気持ちを汲み取る」そのような気質を持った講師が数多くいます。試練や我慢をそのような講師が明るく楽しく成長につなげてまいります。
必ずや「能開センターで中学受験を経験して良かった」と、感じて頂けるように最大限頑張ってまいります。

 

村上 明

「努力は人を裏切らない」・・・・受験勉強を通して学力をつけることは勿論ですが、これからの人生を歩む上で必要な大きな力を身につけてほしいと思います。
「受験してよかった」「受験させてよかった」そんな受験が出来るよう、全力でサポートしていきます。一緒に学んでいきましょう!

 

元村 勇樹

小学校時代に学習する理科の一番大切な役割は、楽しい実験や身近な現象の観察などを通して、子供達が付き合いにくいとされている勉強の敷居を低くして、学習することの楽しさを知ってもらうことです。その楽しさを知るからこそ、発展問題に対応する勉強、思考力を養っていく勉強に取り組めるのです。ですので、理科の授業では、何よりも楽しさを中心において学力をつけていくような時間にしていきましょうね。

 

山本 初

ただやみくもに漢字や慣用句・ことわざの意味を覚える、それは正しい国語の学習法とはいえません。漢字にそなわっている『意味』や、さまざまなことばの『成り立ち』に触れて学習し、それらを正しく運用できるようにすることが大切です。そしてその先に、論理的思考力や心情把握能力が段階的に身につくよう、能開センター国語科のカリキュラムは構成されています。能開センター国語科の指導陣にご期待ください。