川西校

  • 中学受験

 

 

 

校舎情報

住所 〒666-0033
兵庫県川西市栄町11-1 パルティK2 南棟2F
アクセス 川西能勢口駅より北へ徒歩1分
電話番号
  • 中学受験

    [小3・4・5・6]

072-756-1011

電話受付 14:00~20:00

イベント情報

校舎のイベント

指導者

川西校責任者からのメッセージ

川西校責任者

南野 格一

能開センターでは、入試合格に向けての学力はもちろん、将来への礎となる力をつけていただけるよう心がけて指導しております。お預かりしているお子様たちは、学習面のみならずさまざまな壁と向き合う成長の時期にあります。そのような年齢にあたるお子様ご自身にも、また保護者の方にも、各クラス担任を中心にご相談に応じ、スタッフ一同連携して指導にあたる体制に、ご好評をいただいております。
川西校は川西能勢口駅から直結しており、近く安全にお通いいただけます。ぜひ説明会・テスト行事やイベント等にお気軽にお越しください。新たな仲間、教材、指導陣との出会いを体感していただければ幸いです。

 

元村 勇樹

小学校時代に学習する理科の一番大切な役割は、楽しい実験や身近な現象の観察などを通して、子供達が付き合いにくいとされている勉強の敷居を低くして、学習することの楽しさを知ってもらうことです。その楽しさを知るからこそ、発展問題に対応する勉強、思考力を養っていく勉強に取り組めるのです。ですので、理科の授業では、何よりも楽しさを中心において学力をつけていくような時間にしていきましょうね。

 

山辻 奈保

国語は文章を読むだけではなく、問題の答えとなる部分、ヒントとなる部分がどこに書いてあるかをしっかりと理解することが重要です。因果などの前後関係を意識できるよう働きかけ、「先生、わかった! ここに『はずんだ足どり』って書いてあるから、この登場人物はうれしくなったんちゃう!?」と、お子さまが気づける指導をしています。
「国語は楽しい! 文章を読むって楽しい!」と感じ、積極的に参加していける授業を展開します。

 

山本 初

ただやみくもに漢字や慣用句・ことわざの意味を覚える、それは正しい国語の学習法とはいえません。漢字にそなわっている『意味』や、さまざまなことばの『成り立ち』に触れて学習し、それらを正しく運用できるようにすることが大切です。そしてその先に、論理的思考力や心情把握能力が段階的に身につくよう、能開センター国語科のカリキュラムは構成されています。能開センター国語科の指導陣にご期待ください。