西大寺校

  • 中学受験

 

 

 

校舎情報

住所 〒631-0827
奈良県奈良市西大寺小坊町1-4 能開ビル
アクセス 近鉄西大寺駅南出口より徒歩すぐ
電話番号
  • 中学受験

    [小3・4・5・6]

0742-51-3701

電話受付 14:00~20:00

イベント情報

校舎のイベント

指導者

西大寺校責任者からのメッセージ

西大寺校責任者

髙橋 正吾

西大寺校で、【集合のダイナミズム】を体験してみませんか。充実感については生徒たちの表情が、結果については合格実数が物語っています。我々能開センタースタッフは必ずや納得のいく、満足する受験をしてもらえるものと確信を持っています。
さあ、クラスの仲間たち一団となって、第一志望校合格に向けて邁進していきましょう!

 

秋月 浩幸

算数や理科を指導します。中学受験を通して、志望校に合格する力だけでなく、学習の仕方やものごとへの取り組み方、また一生懸命に努力することやあきらめない強い心をはぐくむこともできます。いっしょにがんばりましょう!

 

井口 広之

「なぜそう考えるのか」を追求することが算数です。むやみやたらに多くの問題に触れ、パターン的に解法を記憶するだけでは、本当の意味での算数力の向上にはつながりません。考え方の根幹を理解することで得られる力、それは初見の問題でも解答にたどり着く力です。自らの手で問題に散らばっている多くの点を1本の線でつなぐこと、そのような力の育成を授業で行います。

 

岡田 哲典

中学受験を選ぶ理由はなんでしょうか。進学実績・子供にあった教育・環境などさまざまな利点があります。しかし、まず考えることは、子どもの夢を叶えるということです。中学受験は確かに楽しいことばかりではありません。『苦しい・辛い』そんな弱音を吐く日も確かにあります。しかし私たちは、学力面だけでなく精神的な成長を促す熱い指導で、お子さま・保護者のみなさんの夢・目標・第一志望校合格を叶えるため全力で取り組んでいます。子どもといっしょにがんばれる中学受験を私たちと一緒にがんばっていきましょう。

 

河原 豊

子どもたちが「わかる」楽しさ、「できる」喜びを体感することが、能動的な学習姿勢をつくる基礎となります。西大寺校では専属指導陣の密着した徹底的指導により、子どもたちの可能性を最大限引き出します。また、自習・質問教室、補習など学習環境を充実させ、「自らの目標に邁進する姿勢」を強力にサポートいたします。

 

貫野 貴義

授業には子どもたちの未来の種がたくさん埋まっています。その種を大きな樹に育てたい。授業を通じて子どもたちに伝えたい。学ぶことの楽しさ素晴らしさ、そして、合格の喜びを。
能開センターで学んだ日々が子どもたちの未来への糧となる。数多くの受験データの蓄積と分析を活かした受験指導はもちろんのこと、子どもたちの未来の姿まで思い描くのが能開センターです。

 

坂下 立起

子どもたちが能開センターに向かって歩いてくるときには、様々な表情をして来ます。得意科目の日、苦手科目の日、宿題が完璧で自信満々で来る日、ちょっとサボって保護者に叱られて沈んで来る日・・・・・。
通塾路や校舎の入口で出迎えるとき、「こんにちは!」「さあ、調子はどうや?」としっかりと気持ちを切り替えさせて授業に臨みます。
普通の子どもたちが「中学受験」に挑んでいます。能開センターはお子様一人ひとりとともに、各ご家庭をしっかりサポートしていきます。中学受験はゴールではなく、スタートラインに立つための準備期間だと考えています。
子どもたちの成長過程にある未知の可能性を信じ、その成長のお手伝いをし、最高の授業、学習環境を提供し、それぞれの第一志望校合格に向けて邁進していきたいと思います。

 

島ノ江 晃央

『先生黙ってて、もうちょっとで解けそうやから』子どもたちに算数を教えていて、一番嬉しい言葉はこれかも知れません。「どうすれば答えが出るか?」ではなく、「どう考えれば問題が解決できるのか?」を伝えることで、算数の面白さ、魅力に気づいてもらいたいと思います。算数の成績アップ、志望校合格、そしてその先へ。一緒に向かいましょう!

 

東口 聡

「正しい答えが書けた」…それだけで終わってはいけません。答えの背景にあるものを読み解き、考え、そして言葉にする。この三つが必要だからです。この能開センターでこれをきわめて、「国語の名人」になりましょう!

 

森本 雅昭

子どもは「何これ?おもしろそう!」といった好奇心から学びます。そして「よし、やってみよう!」「う~ん、難しいぞ?」「やった、できた!」といった体験を通し、成長します。私達は大人の知識・考えを押しつけません。「こんな知識があるんだよ。」「へ~、知らなかった。他にどんなのがあるの?」、「どう考えればいいかな。」「う~ん、こうかな。あ、わかった!」などと子どもと一緒に活気ある授業を行います。さあ、みなさん、私達と一緒に明るく未来を切り開きましょう!