西大寺校

  • 中学受験

 

 

 

校舎情報

住所 〒631-0827
奈良県奈良市西大寺小坊町1-4 能開ビル
アクセス 近鉄西大寺駅南出口より徒歩すぐ
電話番号
  • 中学受験

    [小3・4・5・6]

0742-51-3701

電話受付 14:00~20:00

イベント情報

指導者

西大寺校責任者からのメッセージ

西大寺校責任者

髙橋 正吾

西大寺校で、【集合のダイナミズム】を体験してみませんか。充実感については生徒たちの表情が、結果については合格実数が物語っています。我々能開センタースタッフは必ずや納得のいく、満足する受験をしてもらえるものと確信を持っています。
さあ、クラスの仲間たち一団となって、第一志望校合格に向けて邁進していきましょう!

 

秋月 浩幸

算数や理科を指導します。中学受験を通して、志望校に合格する力だけでなく、学習の仕方やものごとへの取り組み方、また一生懸命に努力することやあきらめない強い心をはぐくむこともできます。いっしょにがんばりましょう!

 

井口 広之

「なぜそう考えるのか」を追求することが算数です。むやみやたらに多くの問題に触れ、パターン的に解法を記憶するだけでは、本当の意味での算数力の向上にはつながりません。考え方の根幹を理解することで得られる力、それは初見の問題でも解答にたどり着く力です。自らの手で問題に散らばっている多くの点を1本の線でつなぐこと、そのような力の育成を授業で行います。

 

岡田 哲典

理科の学習は、子どもたちの「知りたい!」「なんで?」という知的好奇心から始まります。だから、能開の授業では単純な反復学習や暗記ではなく、「どうして?」という問いかけをどしどし投げかけて、子どもたち自身が物事に対して疑問を持ち、思考が深まるように促します。私たちは、子どもたちが学力だけでなく精神的な成長もできるような指導に全力で取り組んでいます。
皆さんの夢・目標・第一志望校合格を私たちと一緒にかなえましょう。

 

河原 豊

理科の成績を伸ばすコツは楽しく学ぶことです。たとえば「卵・ジャガイモ・石けん、食塩水に浮くのはどれですか?」 東大寺学園中の入試問題です。実験してみると、なんと実はどれも浮きます! そもそもモノが浮くのはどういう仕組みなのでしょう? 海の水の方がプールの水より浮きやすいのはなぜでしょう?
能開センターでは、まず驚いたり笑ったり、興味や好奇心から問題解決への意欲自体を高め、自発的な学習につながる指導をめざしています。

 

貫野 貴義

子どもたちは自分の中にたくさんの未来の種を持っています。私たち能開センターは、授業や学習を通してその種を大きな樹に育てたいと願っています。そして子どもたちに伝えたい、学ぶことの楽しさ、知る素晴らしさ、合格の喜びを。
能開センターで学んだ日々が子どもたちの未来への糧となるよう指導に取り組んでいます。数多くの受験データの蓄積と分析を活かした受験指導はもちろん、子どもたちの未来の姿まで思い描くのが能開センターです。

 

坂下 立起

同じことを学んだとしても、受け身であればすぐに忘れてしまいます。子どもたちが興味を持って取り組めるように、インパクトのある授業、厳しくておもしろい授業で引っぱっていきます。
中学受験で学ぶことは単なる「お勉強」ではありません。国語の授業を通して、相手(登場人物や筆者)の言いたいことを読み取り、正しい言葉を使い、理由・根拠を明確にして自分の考えを伝える力を、さらに語彙力を鍛え、人間力を育てていきます。

 

島ノ江 晃央

数学とはまた異なる魅惑に満ちた算数の世界、そして中学入試の算数はいまや独自の進化を遂げています。良きライバル、良き仲間たちと共に楽しく学ぶことで、まずは「受験算数に対応できる力」をつけましょう。そして、その先にあるものは…。
「問題を解く力」だけでなく「問題解決のための考え方」を身につけた、本当の意味で賢い人になるための入り口となる授業を目指したいと思います。能開センターで、いっしょに頑張りましょう!

 

東口 聡

「正しい答えが書けた」…それだけで終わってはいけません。答えの背景にあるものを読み解き、考え、そして言葉にする。この三つが必要だからです。この能開センターでこれをきわめて、「国語の名人」になりましょう!

 

森本 雅昭

子どもは「何これ?おもしろそう!」といった好奇心から学びます。そして「よし、やってみよう!」「う~ん、難しいぞ?」「やった、できた!」といった体験を通し、成長します。私達は大人の知識・考えを押しつけません。「こんな知識があるんだよ。」「へ~、知らなかった。他にどんなのがあるの?」、「どう考えればいいかな。」「う~ん、こうかな。あ、わかった!」などと子どもと一緒に活気ある授業を行います。さあ、みなさん、私達と一緒に明るく未来を切り開きましょう!