西宮北口校

  • 中学受験

 

 

 

校舎情報

住所 〒662-0832
兵庫県西宮市甲風園1-8-14 西北甲風園ビル 5F
アクセス 阪急西宮北口駅 北西口より徒歩5分
電話番号
  • 中学受験

    [小3・4・5・6]

0798-64-3555

電話受付 14:00~20:00

イベント情報

校舎のイベント

指導者

西宮北口校責任者からのメッセージ

西宮北口校責任者

西本 良平

能開センター西宮北口校では、中学受験に精通したスタッフが、ひとりひとりのお子さまを大切にしながら学力向上と志望校合格へ向けて、一丸となって指導してまいります。
お子様とその傍らでお子様をサポートする保護者の皆様は、志望校の合格を勝ち取るまでにさまざまな経験をすることになるでしょう。この先、壁にぶつかってくじけそうになることも多くあると思いますが、そんな時一人一人の悩みを真摯に受け止め、お子様の可能性を信じ困難に立ち向かう勇気を与えられるよう全力でサポートさせていただきます。
皆様の様々な夢を叶える学びの場となりたいという思いをスタッフ全員で共有しながら、皆様のご期待に応えてまいります。

 

上野 美智子

「先生、解けました!」。子ども達が手を挙げる時、その顔は喜びに満ち溢れ、眼は澄みきっています。自力で解けた喜びが、学習意欲の向上や自信となり、財産となる「知識欲」につながります。「わかる」から「解ける」に至るために必要な「授業の受け方」や「家庭学習方法」の指導と、お子さま一人ひとりの個性や成長過程に合わせた接し方を大切にしていきます。子ども達の「解けた時の笑顔」を引きだすために、努力していきたいと思います。

 

大澤 英亮

小さな体に大きな荷物を背負って、お子さま方はこの能開センターに通って来られます。一つの目標に向かって努力を積み重ねていく、その姿は非常に尊いものだと思います。単に受験を突破するというだけではなく、将来、この貴重な経験が必ずや人生における大きな財産となるよう、また、お子さま方の努力が大きな花を咲かすことができるよう、微力ながら精一杯サポートさせていただく所存です。

 

大澤 美智子

小学校での授業を終えたのち、大きなリュックサックを背負って電車やバスに乗って、または送ってもらってお子様たちは能開センターに通ってこられます。お子様はもちろんのこと、送り出す保護者の皆様にとりましても中学受験のために通塾する、させるというのは大変なことです。我々はそういったお子様、保護者の皆様の思いに真摯に応えねばなりませんし、日々、ご期待に応えられるよう、尽力してまいります。「能開に通ってよかった」、「能開大好き」そう言っていただけると幸いです。

 

澤田 匡広

大きな『夢』を持って、勇気ある一歩を踏み出そう。
中学受験において、とても大切な言葉です。
算数という科目は、時にとても難しく、楽しく感じられないこともあるかも知れません。
しかし、能開センターの授業では、易しいことを楽しく、また、難しいことを簡潔に、これを意識して活気の溢れる、知的好奇心をくすぐるような授業を展開しております。
その中でわからない事もでてくるかと思います。
わからない事は恥ずかしいことではありません。わからない所を積極的に質問して、1つでも多くのことを先生達と一緒に学び、保護者の方、お子様、スタッフ一同で三位一体となって、お子様の夢の実現に向かって頑張っていきたいと思います。

 

重山 裕志

中学受験において勉強を楽しくするためには「考える」ことが不可欠です。
社会科では各用語の共通点を考えることで、効率的に覚えられるだけではなく、入試作問者の意図を理解することも難しくありません。また、国語もどのように読み解き、どのように記述すれば良いかを考え続ければ楽しみの多い科目になります。
お子様たちが自発的に考えるモチベーションになるよう、好奇心を刺激する授業で微力ながら受験のサポートをしていく所存です。

 

武田 知樹

小学生の学習に大切なのは達成感。小さな成功体験の積み重ねを通じて、まず、中学受験を乗り越えることのできる学習姿勢と基礎学力を養い、中学入試の高度な内容にステップアップしていきます。しかし、子どもたち自身は、そんなことを意識せずに楽しみながらどんどん取り組み、自然に力をつけていきます。能開センターで一緒に楽しく学びましょう!

 

嶺 博晃

中学入試の国語は年々高度化し難しくなっています。出題文については高校入試や大学入試の出典と同じ時さえあります。しかし小学生を対象とする以上、そこには小学生が解答できる筋道が問題中に示されています。皆さんの志望校の傾向を把握し、必要な対策を立てて対応していきます。
難しいことを易しく、易しいことを深く、深いことを面白く教えることをモットーに指導していきます。一緒にがんばっていきましょう。

 

森田 康裕

小学生の時期に、自らの目標を持ちその目標に向かってチャレンジし続けることは、ものすごく素晴らしいことです。それをたった一人で志を遂げることは容易なことではないかもしれません。しかし、能開センターには同じ目標を持つ仲間がたくさんいます。一緒に頑張っている仲間がいることほど力強いものはありません。さらに、能開センターにはどこまでもとことん付き合ってくれる先生たちが揃っています。日々、授業中の演習や宿題をやりながら切磋琢磨し自然と身に着けた「自分で考え自分で解決していく」術が、その後の人生において更なる目標に向かう際の道しるべを与えてくれるでしょう。笑いあり厳しさありの能開センターで頑張りましょう。

 

梁川 裕奉

学力の基礎となる知識・学習方法・学習持続力といった「骨格」作りは不可欠です。能開では、まずその土台となる「足腰」を太く強く作り上げます。そうして培った足腰の強さが、その後のバランスのよい「筋肉」をつけ、ジャンプ・アップできるのです。
失敗することを恐れず、自分の能力を信じて可能性に挑戦してもらいたい。そして、中学受験という目標を通じて、大きく成長してもらいたい。それが私たちの願いです。